ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 市の会議 > 審議会等 > 新座市地域自立支援協議会 > 平成29年度第6回新座市地域自立支援協議会会議録

平成29年度第6回新座市地域自立支援協議会会議録

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月5日更新

開催日時

平成30年3月5日(月曜日)
午後2時から午後4時まで

開催場所

市役所本庁舎 4階 401・402会議室

出席委員

坂本佳代子、川俣真吾、奥山ひとみ、高野通尚、石川達也、中村竜志、石沢美和子、比良亜希子、大野聡、荒居裕和、石川千枝、斎藤はつえ、安里由香利、岡田博美  全14名

事務局職員

障がい者福祉課長 生田目真一
同課副課長兼給付係長 橋本孝
同課調査認定係長 小山朋子
同係主任 野口誠
同課給付係主任 新藤正人
同係主任 斉藤啓二
同課障がい者支援係主任 櫻井靖巳

会議内容

  1. 開会
  2. 議題

    (1) 相談支援部会からの報告

    (2) 子ども部会からの報告

    (3) その他

  3. 閉会

 会議資料

  1. 相談支援部会報告及び今後の予定

  2. 計画相談支援の手続の流れ【第3版】

  3. 子ども部会報告及び今後の予定

  4. 推薦書

  5. 承諾書

公開・非公開の別

公開
(傍聴者0人) 

その他の必要事項

なし

審議の内容(審議経過、結論等)

1 開会

午後2時開会

2 議題

(1) 相談支援部会からの報告

部会長 平成30年1月19日に第10回を実施した。参加者は8名。にいざ生活支援センターの相談員が事例提供を行い、グループスーパービジョン研修を行った。
 同年1月25日に第11回を実施した。「計画相談支援の手続の流れ」の改訂版がまとまり、配布先を検討した。協議会委員、子ども部会の部会員、市内の相談支援事業所、障がい者福祉課、高齢者相談センター、就労支援事業所、居宅支援事業所、グループホーム、地域活動支援センターに配布したいという意見がまとまった。
 改訂版の特徴は、今年度取り組んだ「18歳問題」と「65歳問題」について記載しているところである。各自確認してもらいたい。
 また、平成29年12月実施した、市内相談支援事業所の相談支援専門員を対象にした各相談支援専門員が感じている課題についてのアンケートの結果について分析を行った。
 相談支援専門員の不足や事業所運営が困難であるという回答が多く、相談支援業務を行う環境に問題があるのではないかという課題が見えてくる。また、緊急時の対応や相談支援体制の整備について困難さを感じており、緊急時にも対応できる相談支援体制の構築が課題であることが読み取れた。
 自由記述においては、サービス提供事業所、相談支援事業所の不足が課題として挙げられている。
 平成30年2月9日に第12回を実施した。アイズの相談員が事例提供を行い、グループスーパービジョン研修を行った。
 2月14日に第13回を実施した。子ども部会との交流会を行った。報告は子ども部会でお願いする。
 第14回は、3月16日を予定している。

会長 次回の時間と場所を教えてほしい。

部会長 15時から社会福祉協議会大会議室で行う。

会長 現在、「通所施設」という名称は使用しない「通所事業所」と記載していただきたい。

部会長 了解した。

(2) 子ども部会からの報告

部会長 平成30年1月10日に第9回を実施した。参加者は11名。放課後等デイサービス事業所から1事例提供していただき、事例検討を行った。
 2月14日に第10回を実施した。相談支援部会からも報告があった相談支援部会と子ども部会の交流・意見交換を行った。通常よりも多い参加者があり、関心が強いことが分かった。支援を行っているときに相談支援専門員と距離感を感じていたことに気付き、また、それが縮まった印象を持つことができ有意義であった。次年度も企画したいと思っている。
 3月14日に第11回を実施する予定である。今年度から始めた事例検討について、そのときに出た様々な意見を事業所に持ち帰って実践してみようとしているが、その報告を行う予定である。
 今年度取り組んできた課題の中で、防災に関する取組について意見を頂きたい。「放課後等デイサービス」というものについて地域の方に知っていただくということが大事なのではないかと考えていて、それをどのように伝えていくことができるだろうか。

会長 質問、意見はあるか。

委員 地域福祉推進協議会で紹介してみるのはどうか。地域福祉推進協議会は、町内会長、民生委員、学校のPTA関係の方等様々な地域福祉に関係する方で構成されている。

会長 大変貴重な意見を頂いた。どういう形ならば実現可能なのか詰めてほしい。
 他に何か意見はないか。

委員 主に相談支援部会の活動計画について、万が一のときの連絡体制についての計画を盛り込んでほしい。

会長 意見はあるか。

委員 親が倒れたとき等の緊急時の連絡体制の構築は大事だと感じている。他市の方法なども研究して新座市バージョンができたらと思っている。

会長 非常に大事な話しができた。
 他に意見がなければ、事務局から報告等はあるか。

事務局 協議会の委員の任期について、平成30年3月31日で任期満了となるが、引き続きお願いできればと思う。引き続き委員をお願いできる方については、必要書類の提出をお願いしたい。

3 閉会

午後4時閉会