ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 市の会議 > 審議会等 > 新座市地域自立支援協議会 > 平成30年度第2回新座市地域自立支援協議会会議録

平成30年度第2回新座市地域自立支援協議会会議録

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月29日更新

開催日時

平成30年8月29日(水曜日)
午後2時から午後4時まで

開催場所

市役所本庁舎3階 301会議室・302会議室

出席委員

坂本佳代子、川俣真吾、奥山ひとみ、高野通尚、石川達也、酒巻司、比良亜希子、大野聡、岡田博美、石川千枝、斎藤はつえ、渡邊郁子、安里由香利  全13名

事務局職員

障がい者福祉課長  橋本孝
同課副課長兼障がい者支援係長  横倉一昭
同課調査認定係長  小山朋子
同係主任  野口誠
同係主任  並木雅明
同課障がい者支援係主任  櫻井靖巳
同係保健師  山本めぐみ

会議内容

1  開会

2  挨拶

3  議題

 (1) 相談支援部会からの報告

 (2) 子ども部会からの報告

 (3) その他

4 閉会

 会議資料

1 次第

2 相談支援部会報告及び今後の予定

3 相談支援体制セルフチェックシート

4 子ども部会報告及び今後の予定

5 地域福祉推進協議会の会議への参加希望について(依頼)

6 平成30年度第2回新座市地域自立支援協議会意見シート

公開・非公開の別

公開
(傍聴者0人) 

その他の必要事項

なし

審議の内容(審議経過、結論等)

1 開会

午後2時開会

委員20名のうち過半数の13名の出席があったため、新座市地域自立支援協議会(以下「協議会」という。)の会議の開催は成立する。

配布資料の確認をする。

1 次第

2 相談支援部会報告及び今後の予定

3 相談支援体制セルフチェックシート

4 子ども部会報告及び今後の予定

5 地域福祉推進協議会の会議への参加希望について(依頼)

6 平成30年度第2回新座市地域自立支援協議会意見シート

2  挨拶

坂本会長

3 議題

(1) 相談支援部会からの報告

部会長 相談支援部会報告及び今後の予定について確認していただきたい。(配布資料2参照)
 また、相談支援部会では相談支援体制セルフチェックシートを使用し、基幹相談支援センターの役割について話し合った。今後、相談支援部会で取りまとめた上で報告させていただきたい。(配布資料3参照)

会長 報告はいつ頃を予定しているのか。

部会長 次回の協議会で報告することを目標に進めていきたいと考えている。

委員 基幹相談支援センターは困難事例等に対応してもらえるという認識でいるので、ぜひ設置していただきたいと思う。

委員 基幹相談支援センターは、困難事例に対応するというイメージがあるが、それだけではなく、セルフチェックシートに記載されている内容のとおり、基幹相談支援センターの役割は他にもある。新座市に合った基幹相談支援センターの役割を考えていく必要がある。

会長 今後、協議会としてどのような基幹相談支援センターをを求めるのか結論を出していく必要がある。

委員 障がいのある子どもを抱えている親は、どこに相談したらよいかと悩むことがある。どこに相談してよいか分からなくなったら、障がい者福祉課に相談するのが一番ではないかと思う。

委員 どこに相談していいのか明確に答えられないことが、今の新座市の現状であると考える。このことについて協議会で考えていかなければならないと思う。

会長 このような課題について、今後も相談支援部会を中心に考えていきたいと思う。

(2) 子ども部会からの報告

部会長 子ども部会報告及び今後の予定について確認していただきたい。(配布資料4参照)
 また、地域福祉推進協議会の会議への参加希望について依頼文を作成したので確認していただきたい。(配布資料5参照)

会長 子ども部会の報告を受けて、何か意見はあるか。

委員 放課後等デイサービス事業所の方が就労移行支援事業所へ見学に来ることは多いので、就労移行支援事業所に興味を持っていただけているように感じる。今後も事業所同士で連携していけたらと思う。

部会長 放課後等デイサービス事業所には、小学生から高校生までの利用者がいる。高校卒業後の就労を見据えた支援が重要だと考えている。ぜひ連携していきたいと思う。

会長 その他の意見はあるか。

委員 就労できたとしても、そこまで自分で通うことができなければ、誰かがサポートする必要がでてくる。放課後等デイサービス事業所では放課後等デイサービス事業所そのものに通う訓練はしているのか。

部会長 事業所によっては、相談支援事業所や保護者と相談しながら、事業所から自宅まで帰る練習を行っているところもある。将来的にどのような課題があるのかということは、保護者には分かりにくいこともあるため、先を見据えて課題を見つけ支援するという視点を持つことは事業所の課題でもある。

会長 次に、地域福祉推進協議会の会議への参加希望についての意見はあるか。

委員 地域福祉推進協議会は、地域のネットワーク作りをしていくことを目的としているので、地域福祉推進協議会の会議で、放課後等デイサービス事業所というものが地域にあるということを知ってもらうことはとても良いことだと思う。

会長 地域福祉推進協議会の会議への参加希望について、書面のとおり決定してよいか。

委員 異議なし。

(3) その他

委員 就労支援センター(以下「センター」という。)の庁内実習を希望している方がいたが、実習できないケースがあった。
 センターの役割や庁内実習の目的等について支援者が把握できていない実情があるため、それらを確認し、共有することで支援者とセンターがうまく連携でき、当事者の支援につながると思う。

会長 提案がある。センターの方に協議会でセンターの役割や庁内実習の目的などについて話をしていただく機会を設けてはどうか。

委員 異議なし。

事務局 センターに依頼する。質問等については、本日配布している平成30年度第2回新座市地域自立支援協議会意見シートに記入し、事務局へ提出していただきたい。

4 閉会

午後4時閉会