ページの先頭です。

平成27年度第3回新座市障がい者施策委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月20日更新

開催日時

平成28年3月16日水曜日午後2時から午後3時40分まで

開催場所

福祉の里3階講義室

出席委員

平野方紹、兼古幸子、貫井恵美子、坂口智、石井英子、荻原伊佐夫、斎藤宗夫、花谷幸子、鈴木信子、高橋睦、石井勝美、新井啓司、荒井マサ子、中島智子、甲田由夏

事務局職員

上原課長、松本給付係長、新藤主任、斎藤主任

会議内容

1 会議次第

2 資料1 障害者総合支援法及び児童福祉法の一部を改正する法律案について

3 資料2 パンフレット原案

4 資料3 共に暮らすための新座市障がい者基本条例

5 資料4 障がい者差別解消支援地域協議会体制整備事業の実施に係る同協議会の設置・運営暫定指針の概要

6 資料5 新座市ホームページについて

7 資料6 新座市障がいを理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)

8 資料7 第4次新座市障がい者基本計画の進捗状況と評価(平成26年度)

9 意見シート 

 

公開・非公開の別

一部公開(手話通訳者2人要約筆記者2人介助者2人)

審議の内容(審議経過、結論等)

1 開会 新座市障がい者施策委員会委員22名中15名の出席を確認し、委員会の成立を報告。

2 課長挨拶 

3 議題

 ⑴ 基本条例のパンフレット作成について

   基本条例のパンフレット作成について、立教大学生と2月18日に打合わせを行い、その経過を報告した。立教大学生には、デザインを考えていただいた上で、事務局で原案を作成して、委員会委員に提示した。この後、印刷発注を行う旨を説明した。

 ⑵ 障害者差別解消法について

   平成28年4月から障害者差別解消法が施行されることから、その対応について説明した。障がい者差別解消地域協議会について組織し、新座市障がい者施策委員会がその役割を兼務することに伴い、「共に暮らすための新座市障がい者基本条例」について、必要な改正を行った。今後、民間事業者向けの説明会と職員向けの研修会を開催し、職員向け対応要領を人事課所管で作成することについて説明した。

 ⑶ 基本計画の進捗状況等について

   第4次新座市障がい者基本計画の平成26年度進捗状況について、意見シートによる意見などを基にまとめたものを報告した。

 ⑷ その他について

   高次脳機能障がいの家族会「生きる力ナノ」と面会し、今後、市として啓発事業等について、協力していくこと等について話し合ったことを報告した。基本条例のパンフレットの配布方法等について委員から意見をいただいた。

4 閉会