ページの先頭です。

平成27年度第2回新座市障がい者施策委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月29日更新

開催日時

平成27年12月22日火曜日午後2時から午後3時50分まで

開催場所

本庁舎2階全員協議会(東・西)

出席委員

平野方紹、太田眞智子、山口聡、坂口智、石野幸利、並木則康、太田イツ子、石井英子、荻原伊佐夫、鈴木信子、高橋睦、石井勝美、新井啓司、中島智子

事務局職員

上原障がい者福祉課長、富樫副課長兼障がい支援係長、松本専門員兼給付係長、新藤主任、斎藤主任

会議内容

1 開会

2 課長挨拶

3 議題

 ⑴ 基本条例のパンフレット作成について

 ⑵ 障害者差別解消法について

 ⑶ 基本計画の進捗状況等について

 ⑷ その他

4 閉会

会議資料

1 会議次第

2 資料1 パンフレット原案

3 資料2 障害者差別解消法について

4 資料3 新座市障がいを理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

5 資料4 第4次新座市障がい者基本計画の進捗状況と評価について

6 意見シート

公開・非公開の別

一部公開(傍聴者2人要約筆記者2人介助者2人)

審議の内容(審議経過、結果等)

1 開会

  新座市障がい者施策委員会委員22名中14名の出席を確認し、委員会の成立を報告。

2 課長挨拶

3 議題

 ⑴ 基本条例のパンフレット作成について

   基本条例のパンフレット作成について、立教大学生と2回打合せを行い、その経過を報告した。事務局で文章の原案を作成し、立教大学生には、デザインを考えていただいていることを伝えた。

 ⑵ 平成28年4月から障害者差別解消法が施行されることから、その準備が必要となることを伝えた。本市の職員が遵守すべき対応要領について原案を事務局から示した。また、障がい者施策委員会に障害者差別解消法に基づく障がい者差別解消支援地域協議会を兼ねることについて、提案し、了承を得た。

 ⑶ 基本計画の進捗状況等について

   現行の基本計画は、平成24年度から平成28年度までとなるが、これを福祉計画の計画期間の平成27年度から平成29年度に合わせて、1年計画期間を延長し、以後、基本計画は6年ごと及び福祉計画は3年ごとに計画を策定することを提案し、了承を得た。また、平成26年度の進捗状況について、事務局案を各委員に示し、意見があれば意見シートなどで意見を提出してほしいと伝える。

 ⑷ その他について

   報酬支払いに係るマイナンバーの収集について、来年以降依頼する予定であることを伝える。

4 閉会