ページの先頭です。

セーフティネット保証4号認定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月15日更新

セーフティネット保証4号認定

 中小企業信用保険法第2条第5項第4号(セーフティネット保証4号)は、突発的災害(自然災害等)の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者を支援するための国の制度です。

 このたび、令和元年10月12日に上陸した台風第19号の影響により、新座市はセーフティネット保証4号における指定地域に認定されました。

 セーフティネット保証4号の認定を受けることにより、埼玉県制度融資の経営安定資金(大臣指定等貸付・災害復旧関連)の利用対象者となります。

◇対象者

・ 新座市において1年間以上継続して事業を行っていること。

・ 台風第19号の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その2か月後を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

◇指定期間

令和元年10月12日から令和2年2月11日まで

※令和2年2月10日までに新座市へ認定申請が必要です。

◇必要書類

(1)セーフティネット保証4号の認定申請書(2部) ※申請書はこちら (別ウィンドウ・Wordファイル・15KB)

 実印を押したものが必要です。

(2)直近1期分の確定申告書(決算書・勘定科目内訳書含む)一式(コピー1部)

 税務署の受付印があるもの、または電子申告の場合は、確定申告書を送信した際に返信される受付確認メール(メール詳細)を印刷し、併せて提出願います。

(3)許可・届出書等(コピー1部)

 許可、届出書等が必要な業種は、コピーを提出してください。

(4)履歴事項全部証明書(法人の場合)(コピー1部)

(5)営業証明書(個人の場合)(コピー1部)

◇留意事項

・ 認定申請書には、売上高等の減少理由が令和元年台風第19号の影響によるものであることを具体的に記述することが必要です。

・ 本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

・ 新座市の認定を受けた後、発行日を含めて30日以内が有効期間となります。経営安定資金を申込む場合、受付機関(商工団体等)での申込受付が、この有効期間内であることが必要です。