ページの先頭です。

ブラジルから新座市へ国際交流員がやって来ました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月26日更新

新座市は、ブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプ地、ブラジルのホストタウンとなっています。

ブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプの準備を円滑に進めるとともに、市民の皆さんにホストタウンであるブラジルをもっと身近に感じていただくために、平成31年4月からブラジル国際交流員のグスタヴォ・ラモスさんを任用しています。

ブラジル国際交流員グスタヴォ・ラモスさんの自己紹介

初めまして!
ブラジルのミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラ市で生まれ育った、4人兄弟の末っ子(姉2人兄1人)のガスです。
故郷は観光地ではなく、国際的なところではないし外国人もほとんどいないです。でも子どもの頃から異文化に興味を持って、外国語が特に好きですので、大学で外国語(日本語、スペイン語とカタルーニャ語)とビジネス・マネジメントを専攻しました。

東京2020大会に向けて、ブラジルのホストタウンと事前トレーニングキャンプ地である新座市で去年の4月半ばから国際交流員を務めています。
国際交流員の主な仕事は新座市・ブラジルオリンピック委員会・ブラジルオリンピック選手団をサポートする傍ら、広報誌・SNSや出前講座を通じて新座市民の方々にブラジルの文化を知っていただくことです。


※¹名前はGustavo(グスタヴォ)ですが、愛称としてGus(ガス)と呼ばれています。
※²なぜ「グス」ではないかと言うと、イギリスに住んでいた頃のあだ名で、英語の発音では「ガス」になるからです。

 

グスタヴォさんの故郷の写真です。 グスタヴォさんの写真です。 グスタヴォさんの写真です。

国際交流員のお仕事

通訳・翻訳

グスタヴォさんは、母国語のポルトガル語(ブラジルの公用語)に加えて、日本語、英語、スペイン語が話せます。

ブラジルオリンピック委員会とのメールや電話でのやり取り、令和元年度に行ったテストキャンプ(陸上リレー、マラソンスイミング、空手)の受入など事前トレーニングキャンプの準備において、通訳や翻訳を行っています。

また、市役所内で来賓や市民の方に通訳、翻訳が必要な場合も活躍しています。

令和元年度の事前トレーニングキャンプの際に通訳をしているグスタヴォさんの様子です。 事前トレーニングキャンプの際に通訳をするグスタヴォさんの写真です。

事前トレーニングキャンプの際に通訳をするグスタヴォさんの様子です。 通訳をしているグスタヴォさんの写真です。

出前講座

ブラジルの文化を紹介するため、「ブラジルを知ろう!」という出前講座を行っています。

ブラジルの国の歴史、音楽、観光地、食文化など、なかなか知ることのできないブラジルの良さ、多様性をクイズを交えながら楽しく紹介しています。

出前講座の様子です。 出前講座の様子です。

★新座市快適みらい都市づくり出前講座の申込等についてはこちらをご覧ください。

★出前講座「ブラジルを知ろう!」についてはこちらをご覧ください。

学校訪問

出前講座のほかに、市内小中学校を対象に学校訪問を行っています。

児童・生徒の皆さんの学年に合わせて、ブラジルの歴史、自然、音楽、名所、食文化、多様性、簡単なポルトガル語など、クイズを交えて楽しく講座を行っています。

学校訪問の様子です。 学校訪問の様子です。

国際交流員の学校訪問ついてはこちらをご覧ください。

情報発信

グスタヴォさんは、毎月市が発行している広報にいざで「ガスの部屋」、毎週金曜日に市フェイスブックで「ウィークリー・ガス」を連載しています。

「ガス」は、グスタヴォさんの愛称です。

以下のホームページで、「ガスの部屋」と「ウィークリー・ガス」について紹介しています。

それぞれバックナンバーもありますので、ぜひチェックしてみてください。

広報にいざのガスの部屋の連載の様子です。 市フェイスブックのウィークリー・ガスの連載の様子です。

★広報にいざ「ガスの部屋」は、こちらからバックナンバーをご覧になれます。

★市フェイスブック「ウィークリー・ガス」は、こちらからバックナンバーをご覧になれます。