ページの先頭です。
大会に参加する
大会を盛り上げる
ブラジルとの交流(ホストタウン)
ブラジル国際交流員
オリンピック・パラリンピック教育
新座で光るアスリートたち
計画・会議・補助金など
広報関連
外部リンク

新座市管理職会が懇親会でブラジルの食を学びました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月18日更新

管理職会の様子

新座市管理職会は、市の管理職が任意で加入する会費制の団体で、会員相互の親睦や管理職としての資質の向上を図ることなどを目的としています。

平成30年5月11日(金曜日)に開催された新座市管理職会定期総会後の懇親会では、東京2020大会に向けて市がブラジルのホストタウンに登録されていることから、ブラジルの食を取り入れ、管理職がブラジルを学ぶ機会としました。

当日はブラジル名産のジュース「Guarana(ガラナ)」やサトウキビの蒸留酒「Cachaca(カシャッサ)」、ブラジル産のワイン、ブラジル産カカオ豆を使ったチョコレートを味わいました。

※飲食に係る経費は全て会費から支出しています。

ブラジルのジュース ガラナ Guarana(ガラナ)

ブラジルの蒸留酒 カシャッサ Cachaca(カシャッサ)

ブラジルのワイン ブラジル産ワイン

ブラジル産カカオ豆を使ったチョコレート ブラジル産カカオ豆を使用したチョコレート

ブラジルのおつまみ

チョコレートを受け取る人

市では、職員から東京2020大会を盛り上げていきます!