ページの先頭です。
大会に参加する
大会を盛り上げる
ブラジルとの交流(ホストタウン)
ブラジル国際交流員
オリンピック・パラリンピック教育
新座で光るアスリートたち
計画・会議・補助金など
広報関連
外部リンク

東京2020大会関連のアートポスターを展示しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月24日更新

市役所第二庁舎で東京2020大会関連のアートポスターを展示しました

新座市は、東京2020大会のオリンピック及びパラリンピック射撃の開催会場であり、埼玉県内唯一のパラリンピックの会場です。

東京2020パラリンピックが令和3年8月24日(火曜日)~9月5日(日曜日)、そのうちパラリンピック射撃は令和3年8月30日(月曜日)~9月5日(日曜日)に開催されます。

東京2020パラリンピック開催の1年前を迎えるに当たり、2020年9月1日(火曜日)~11日(金曜日)に、市役所第二庁舎1階の市民ギャラリーで、気運醸成のためアートポスターを展示しました。

展示した東京2020公式アートポスターは、オリンピックをテーマとする作品12点、パラリンピックをテーマとする作品8点の合計20点で、延べ296名の方が観覧されました。

新型コロナウイルス感染症対策をした上で観覧してくださった皆さん、ありがとうございました!

今後も東京2020大会へ向けて気運醸成を取り組んでいきます。

アートポスターの展示の様子です。 アートポスター展の様子です。 アートポスター展の様子です。

【参考】 アートポスターとは
(※東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式ホームページ「東京2020公式アートポスター」より抜粋)

20世紀初頭から、各大会の組織委員会は、オリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために、ポスターを制作してきました。また、オリンピックのポスターは、各大会の特色を世界に伝える役割も果たしています。

近年では、パラリンピックのポスターも含め、国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を制作するようになりました。その中からは、時代のアイコンとなるような作品も生まれています。

東京2020大会では、国内外のアーティストにオリンピック又はパラリンピックをテーマにした芸術作品を制作いただき、それらを東京2020公式アートポスターとして機運醸成に活用していきます。

※東京2020公式アートポスターの詳細はこちらから御覧ください↓

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式ホームページ「東京2020公式アートポスター」
URL:https://tokyo2020.org/ja/games/games-artposter/