ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 生涯学習・スポーツ > スポーツ・レクリエーション > 東京2020オリンピック・パラリンピック特設ページ > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会を開催しました
大会に参加する
大会を盛り上げる
ブラジルとの交流(ホストタウン)
ブラジル国際交流員
オリンピック・パラリンピック教育
新座で光るアスリートたち
計画・会議・補助金など
広報関連
外部リンク

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月13日更新

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた市全体の連携・協力体制の構築と未来に継承されるレガシーの創出、市の更なる発展を目指すため、この度「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会」を設立し、平成29年12月21日に第1回会議を開催しました。

推進委員会の概要

新座市は東京2020大会において射撃競技の会場となるとともに、ブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプが行われることから、この貴重な機会をいかし、市のPRや地域活性化につながる取組を推進するために設立するものです。

推進委員会の体制

市長を委員長とし、市議会議長や教育委員会委員長、スポーツ関係、文化関係、商工関係、町内会関係、市内大学など、市内で活動する団体の皆様にご参加いただいています。

参加団体については、以下のファイルをご覧ください。

東京2020大会新座市推進委員会参加団体一覧 (別ウィンドウ・PDFファイル・31KB)

第1回会議(平成29年12月21日開催)

新座市におけるオリンピック・パラリンピックに関する全市的な会議は今回が初めてでしたが、委員の皆様に推進委員会の立ち上げについてご承認いただくとともに、東京2020大会に向けた市の取組についての紹介、推進基本計画の策定、「東京2020参画プログラム」の概要について説明し、ご意見をいただきました。

今後は、東京2020大会の終了まで、年1回から2回程度会議を行い、市の大会に向けた取組状況や市内団体の活動状況などを情報共有するとともに、推進委員会の下部組織となる部会を立ち上げ、より具体的な取組について検討を進めます。

第1回推進委員会の様子の写真です。第1回推進委員会で説明したスライドの写真です。

第2回会議(平成31年2月14日開催)

今回は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会規約の改正、東京2020大会の準備状況等、本市の取組の状況と今後の予定を議題とし会議を開催しました。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会新座市推進委員会規約の改正では、規約の改正により顧問の選出規定と事務局の名称について変更しました。

東京2020大会の準備状況等については、大きく分けて3項目((1)射撃の競技会場関係、(2)ブラジルの事前トレーニングキャンプ関係、(3)その他(ボランティア、聖火リレーなど)について事務局から説明しました。

また、本市の取組の状況と今後の予定については、取組基本計画を作成した平成29年度から平成32年度までの市及び推進委員会の所属団体の取組、特に平成30年度の実績について事務局から報告しました。

今後も推進委員会及び推進委員会の下部組織である部会に参加する団体と連携し、東京2020大会に向けた気運醸成に取り組みます。

推進委員会の様子です。推進委員会の様子です。

第3回会議(令和元年12月13日開催)

第3回会議では、東京2020大会の準備状況等、大会に向けた市の取組、令和2年度の予定について事務局から説明を行い、ご意見をいただきました。

大会の準備状況等については、競技スケジュール、射撃のテストイベント、射撃会場の配置及び周辺の施設利用、ブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプ、埼玉県都市ボランティアの配置、オリンピック聖火リレーについて説明しました。

大会に向けた市の取組では、東京2020大会への気運を高めるための大会PR、装飾(シティドレッシング)、ホストタウンの取組、気運醸成イベント、ビームライフル体験や義足体験などのオリンピック・パラリンピック競技体験、市内小中学校で行っているオリンピック・パラリンピック教育などについて報告しました。

また、令和2年度の予定については、大会の円滑な運営に向けた各関係機関との連携、聖火リレーの安全な運営準備及び盛り上げ、都市ボランティアの運用、ブラジルオリンピック選手団の事前トレーニングキャンプに関する連携などについて説明しました。

推進委員会の様子です。推進委員会の様子です。推進委員会の様子です。

会議終了後は国際交流員のグスタヴォ・ラモスさんによるブラジル講座を実施しました。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)