ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 福祉 > 地域福祉・支援・援助 > 新座市 > 【開催しました】医療・介護の出張講座 ~もしものときのために~ 【9月29日(木)@栄公民館】

【開催しました】医療・介護の出張講座 ~もしものときのために~ 【9月29日(木)@栄公民館】

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年10月12日更新

医療・介護の出張講座 (栄公民館) 【開催しました。】

令和4年9月29日(木)、栄公民館において自分が望む医療やケアについて前もって考える大切さを学ぶ医療・介護の出張講座を開催しました。当日は、幅広い年齢層の市民、23名参加しました。

内容

【講話】「私の人生の最後に」堀ノ内病院 堀越洋一医師

堀越医師の講話では、

(1) これまでの自分の歩みを振り返り、自分が生きる上で大切な思いを探る

(2) これまでの体験を通して「今の私」にとっての意味を探る

(3) 本来の自分への理解を深め、新しい私の可能性を探る

以上3つのねらいを元に、これから先をより良く生きるために実習を通して考えました。

講話講話2講話3

≪参加者からの感想≫(抜粋)

・素晴らしい講話でした。人生をどう過ごすか具体的に学びました。

・人生最後のこと。今のうちにやりたいこと、行きたいところ、どんどんチャレンジしていこうと思いました。

・今の年齢になって時々考えてはいたけれど、改めて自分の人生に振り返り明日より大事に過ごしていこうと思いました。

・人生は皆等しくあり、楽しみも悲しみも大いに受け入れていこうと思いました。今後前向きにとらえていこうと思います。

・考えておきたい課題でありながらも、そのうちにそのうちにと避けていた内容でしたが今回お話を伺ったことで、考えてみようという気持ちになりました。大変参考になりました。ありがとうございました。

 

【もしバナゲーム体験】進行役兼アドバイザー デイサービス隣家 西野裕哉氏

もしバナゲームは、「人生の最後にどうありたいか?」の話をするアメリカ発祥のゲームです。もしもの時にどうありたいか様々な内容のカードから自分の気持ちに近いものを3枚選びお互いに発表します。当日は、もしバナゲームを通して活発な意見交換がされていました。

もしバナ4もしバナ(西野)

≪参加者の声≫(抜粋)

・改めて自分が何を大切にしているのかが分かった。

・自分が最後の時にどう思うか、カードの言葉が教えてくれた。

・普段考えないでいることを考えることができた。

・楽しく人と話すことが自然とできた。

医療・介護の出張講座 年間予定表

 
開催日 会場 申込受付期間  
 9月16日(金) 中央公民館  8月 1日(月)10時から 8月29日(月) 受付終了しました。
 9月29日(木) 栄公民館  9月 1日(木)10時から 9月 9日(金) 受付終了しました。
11月 2日(水) 新座市役所  9月30日(金)10時から10月12日(水)  
11月24日(木)

西堀・新堀コミュニティセンター

11月 1日(火)から(※)  

(※) 11月24日(木)は西堀・新堀コミュニティセンター主催「年の輪学級」の講座になります。※申込は直接042-492-4655まで

12月16日(金) 栗原公民館 11月 1日(火)10時から11月16日(水)  
 1月11日(水) 野火止公民館(ふるさと新座館) 12月 1日(木)10時から12月13日(火)  
 1月26日(木) 北野ふれあいの家  1月 4日(木)10時から 1月13日(金)