ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 年金・税金 > 税金 > 法人市民税 > 新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告・納付期限の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告・納付期限の延長について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月29日更新

新座市では、国の取組等を踏まえ、新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告・納付期限について、以下のとおりとしましたので、お知らせします。

 

申告・納付期限の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、期限までに申告・納付を行うことが困難であり、法人税(国税)において、申告期限延長の申請を行っている場合、法人市民税の申告・納付期限を延長します。

 

延長される期間

法人税(国税)において延長した日と同日まで延長されます。

原則として、法人税(国税)の申告書を提出した日が、法人市民税においても申告納付期限となります。

 

申請・手続について

提出する申告書に延長の申請をされる旨を記載し、税務署へ提出した法人税(国税)の申告書の写しを添付して提出してください。

 

1.申請方法

(1)書面で申告書を提出される場合

   申告書の余白部分に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

(2)電子申告(エルタックス)で申告書を提出される場合

   申告書の所在地の欄に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

 

2.添付資料

  税務署に提出された法人税(国税)の申告書の写し(新型コロナウイルスによる申告・納付期限の延長の旨が記載されたもの)を添付してください。

 法人税(国税)の申告書の写しを、法人市民税の申告書と合わせて提出できない場合は、後日の提出でも構いません。

 法人税(国税)の申告書の写しの添付がない場合は、当課から法人税(国税)の申告書を提出された日について、確認の連絡をさせていただくことがありますので、ご了承ください。