ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 年金・税金 > 税金 > 個人市・県民税 > 個人住民税の均等割を引き上げます

個人住民税の均等割を引き上げます

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月1日更新

 「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」が平成23年12月2日に公布(同日施行)され、全国的かつ緊急に地方公共団体が実施する防災のための施策に要する費用の財源を確保するため、臨時の措置として個人住民税の均等割の税率が引き上げられることとなりました。

 このことを受け、新座市おいても防災・減災のための施策に必要な財源を確保するため、個人住民税の均等割の税率を引き上げ、市民の皆様に負担をお願いすることとなりました。

税率

 現行     県民税 1,000円  市民税 3,000円  → 合計 4,000円 (年額) 

 引上げ後  県民税 1,500円  市民税 3,500円  → 合計 5,000円 (年額)

適用時期

 平成26年度から平成35年度までの10年間