ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 年金・税金 > 税金 > 個人市・県民税 > 生命保険料控除制度が変わりました

生命保険料控除制度が変わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新

 平成24年1月1日以後に締結した保険契約などについては、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除に加え、新たに介護医療保険料控除が適用されます。詳しくは次のとおりです。
 ※平成23年12月31日以前に締結した保険契約など(旧契約)については、従前と同様の控除を適用します。 

控除額及び適用限度額

新契約(平成24年1月1日以降に締結した保険契約等)に基づく場合

生命保険料・個人年金保険料・介護医療保険料の控除額は次のとおり計算します。

所得税の控除額

 1.0円~20,000円…………支払った額 
 2.20,001円~40,000円………支払額×1/2+10,000円
 3.40,001円~80,000円…………支払額×1/4+20,000円 
 4.80,001円以上…………40,000円

※生命保険料・個人年金保険料・介護医療保険料のそれぞれの適用限度額は40,000円、合計適用限度額は120,000円です。

住民税の控除額

 1.0円~12,000円…………支払った額 
 2.12,001円~32,000円………支払額×1/2+6,000円
 3.32,001円~56,000円…………支払額×1/4+14,000円 
 4.56,001円以上…………28,000円

※生命保険料・個人年金保険料・介護医療保険料のそれぞれの適用限度額は28,000円、合計適用限度額は70,000円です。

旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)に基づく場合

生命保険料・個人年金保険料の控除額は次のとおり計算します。

所得税の控除額

 1.0円~25,000円…………支払った額 
 2.25,001円~50,000円………支払額×1/2+12,500円
 3.50,001円~100,000円…………支払額×1/4+25,000円 
 4.100,001円以上…………50,000円

※生命保険料・個人年金保険料のそれぞれの適用限度額は50,000円、合計適用限度額は100,000円です。

住民税の控除額

 1.0円~15,000円…………支払った額 
 2.15,001円~40,000円………支払額×1/2+7,500円
 3.40,001円~70,000円…………支払額×1/4+17,500円 
 4.70,001円以上…………35,000円

※生命保険料控除・個人年金保険料のそれぞれの適用限度額は35,000円、合計適用限度額は70,000円です。

新契約と旧契約の双方に加入している場合

次のうちいずれかを選択して計算することができます。

  1. 新契約のみ控除の適用を受ける場合、新契約の控除額の計算式により計算した額
  2. 旧契約のみ控除の適用を受ける場合、旧契約の控除額の計算式により計算した額
  3. 新契約と旧契約の双方について控除の適用を受ける場合、新契約の控除額の計算式により計算した額と旧契約の控除額の計算式により計算した額の合計額が控除額となります。この場合の適用限度額は28,000円です。

 適用時期

 所得税は平成24年分から、住民税は平成25年度分から