ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 新型コロナウイルスワクチン接種事業推進室 > ワクチン接種を受けていない方への強制や差別(ワクチンハラスメント)の防止について

ワクチン接種を受けていない方への強制や差別(ワクチンハラスメント)の防止について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月20日更新

ワクチンハラスメントに注意しましょう

ゾウキリンとおともだち

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、接種をご判断いただきますようお願いします。

ワクチン接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。

接種を望まない人に接種を強制することはありません。

接種を希望しているにも関わらず身体的事由(持病やアレルギー等)により、やむを得ず接種ができない人もいます。

職場や周りの人などに接種を強制するなど、接種を受けていない人に不利益を及ぼす行為や差別的な扱いをすることのないようご理解・ご協力の程、お願いいたします。

 

関連リンク(外部リンク)

・厚生労働省ホームページ

新型コロナウイルスワクチンQ&A

総合労働相談コーナーのご案内

・法務省ホームページ

新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別をなくしましょう。

・埼玉県ホームページ

新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別等の防止について

【埼玉県×大宮アルディージャVENTUS】新型コロナワクチン接種に関する差別の防止について(動画)