ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 健康・医療 > 健康・健診 > 新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)申請について

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)申請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月6日更新

 7月26日(月曜日)から「海外渡航の予定がある方」を対象に、新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始しています。

 詳しい申請方法や必要書類は、以下をご確認ください。

 ※当面の間は、現に海外渡航の予定がある方のみを対象としています。

 

【申請対象者】

 次の「1」及び「2」をいずれも満たす方

 1 海外渡航を予定していて、各国への入国時の防疫措置緩和等のために必要な方

 2 新座市が発行した接種券を使用してワクチン接種をした方で、新座市で接種記録を確認できる方(接種日時点で新座市に住民登録がある方)

 ※ 申請日時点で新座市に居住していても、ワクチン接種日時点で他市町村に住民登録がある場合、新座市で証明書を発行することはできません。接種日時点で住民登録がある自治体に申請してください。

【申請に必要なもの】

 1 申請書 (別ウィンドウ・PDFファイル・505KB)

 2 旅券(パスポート)の写し ※旅券番号が記載されているページ

 3 本人確認書類(返送先住所が記載されているもの)

 4 接種済証の写し又は接種記録書の写し ※接種記録書は、医療従事者等で先行接種された方がお持ちです。一般接種の方は接種券に記載されている「接種済証」の写しを添付してください。

 接種済証みほん (別ウィンドウ・PDFファイル・183KB)

 接種記録書みほん (別ウィンドウ・PDFファイル・222KB)

 5 返信用封筒 ※「宛名の記入」と「84円切手の貼付」をお願いします。

 

【第三者(証明書が必要な方とは別の方)申請に必要なもの】

 上記の【申請に必要なもの】に加えて

 6 委任状 (別ウィンドウ・PDFファイル・95KB)

   委任状(記入例) (別ウィンドウ・PDFファイル・44KB)

 7 第三者(証明書が必要な方とは別の方)の本人確認書類の写し

 

【旅券に旧姓・別姓・別名を使用している方】

 上記の【申請に必要なもの】に加えて

 8 旧姓・別姓・別名が確認できる書類

 

【申請方法】

 1 市役所窓口で申請

   本庁舎3階新型コロナウイルスワクチン接種事業推進室(危機管理課窓口を使用)で受付をします。

 2 郵送で申請

   送付先:〒352-8623 新座市野火止1-1-1 新型コロナウイルスワクチン接種事業推進室 宛

 

  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、窓口の混雑緩和の観点から、郵送での申請にご協力をお願いします。

 

【発行方法・発行時期】

  申請書を受理した日から10営業日程度で発送いたします。

  ※即日発行はできません。発行後、郵送で送付しますので、返信用封筒(宛名を記入、84円切手貼付)をご用意ください。

  ※接種事実の確認が困難な場合には、10営業日より長くお時間をいただくことがあります。

 

接種証明書(ワクチンパスポート)が利用可能な対象国や具体的な緩和措置について

 外務省ホームページで随時お知らせをしています。

 詳細は、以下のページでご確認ください。

 「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」(外務省ホームページ・別ウインドウ)

 「新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置」(外務省ホームページ・別ウインドウ)

 

接種証明書(ワクチンパスポート)に関する問合せ先

 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター:0120-761-770

 受付時間:午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)

 

その他

 接種証明書(ワクチンパスポート)は当面の間、海外渡航の予定がある方が対象です。

 海外渡航の予定がない方については、接種済証または接種記録書をもって、ワクチンを接種済みであることを示すことができます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)