ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 納税課 > 郵送で証明書を申請する場合について

郵送で証明書を申請する場合について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

郵送で証明書を申請する場合について

1 申請場所

〒352-8623 新座市野火止一丁目1番1号 新座市役所納税課 宛て

2 納税証明書を申請できる方

本人からの申請のみで、代理人からの申請は受け付けておりません。法人の場合も同様です。

※ 軽自動車税納税証明書(継続検査用)の場合は、申請内容及び同封物が異なりますので、
  「6 軽自動車税納税証明書(継続検査用)を請求できる方」をご確認ください。

3 証明書の種類と証明年度

ア 証明書の種類

(1) 納税証明書(一般用)
 ※ 市・県民税の納税証明書の場合、証明書の年度の賦課期日(その年の1月1日)に新座市に
   お住まいでない方又は非課税の方は発行できませんので、ご注意ください。

(2) 完納証明書
(3) 公益認定用の納税証明書
(4) 酒類販売業等免許申請用の納税証明書
(5) 新座市制度融資申込用の納税証明書(経済振興課提出用)
 ※  個人の場合は、市・県民税の納税証明書(直近2か年分)と完納証明書が必要になります。また、
    市・県民税の課税証明書(直近2か年分)も必要になります。
    法人の場合は、法人市民税の納税証明書(直近の事業年度分)と完納証明書が必要になりま
    す。

イ 証明年度

納税証明書(一般用)は、現年度を含め直近4年度分について発行することができます。

4 手数料

 1年度1税目1通につき200円
 手数料は、郵便局で購入した無記名の定額小為替でお支払いください。

5 申請に必要なもの

(1) 納税証明交付申請書(郵送申請用)
    記入例を参考に必要事項を記入してください。法人の場合は代表者印を必ず押印してください。
(2) 手数料
    証明書1年度1税目1通につき200円の手数料がかかります。手数料は、郵便局で定額小為替
    を購入してください(小為替には何も記入しないようお願いします。)
(3) 返信用封筒
    返信用封筒には、申請者の住所及び氏名を記入し、郵送分の切手を貼ってください。返送先
   は、本人の住所地のみになります。
 ※  新座市から転出された方の納税証明書の住所については、原則として新座市から転出された転
    出届出の転出先住所が表示されます。そのため、納税証明書の住所が現在の住所と異なって
    表示される場合がありますので、現在の住所表記の証明を希望される方は、現在の住所が確
    認できるもの(運転免許証等)の写しを同封してください。
 ※  新座市から転出された後に結婚などで氏名が変わられた方の納税証明書の氏名については、
    旧姓で表示されます。新しい氏名の証明を希望される方は、氏名の変更が確認できるもの(運
    転免許証等)の写しを同封してください。
 ※  直近1か月以内に納付された税の証明が必要な場合は、領収証書の写しなどの納付確認がで
    きるものを用意してください。
 ※  令和元年度の納税証明書については、システムの都合上、平成31年度と表記されますが、
    証明書の効力に支障はありませんので、御了承ください。                                                                  

   上記を封筒に入れてご送付ください。
   (送付先)〒352-8623新座市野火止一丁目1番1号 新座市役所 納税課

 

6 軽自動車納税証明書(継続検査用)を申請できる方

納税者本人

納税者と同一世帯の親族

本人から委任を受けた代理人

7 申請に必要なもの

(1) 軽自動車納税証明(継続検査用)申請書(郵送申請用)
    記入例を参考に必要事項を記入してください。

(2) 車検証の写し
(3) 返信用封筒
    返信用封筒には申請者の住所及び氏名を記入し、郵送分の切手を貼ってください。
(4) 免許証、パスポート、健康保険証など本人確認のできるものの写し
 ※  「証明してほしい」人との関係が「その他」の場合にご用意ください。車検業者の場合は、担当者
    の本人確認ができるものをご用意ください。

     上記を封筒に入れてご送付ください。
    (送付先)〒352-8623新座市野火止一丁目1番1号 新座市役所 納税課

関連リンク