ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 交通政策課 > 自転車の安全な利用について

自転車の安全な利用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月1日更新

    自転車利用者による交通事故が増えています。また、自転車が無秩序に歩道を通行するなど、交通ルールを守らない自転車利用者も目立っています。
    安全で快適な自転車利用のために、次の交通ルールを守りましょう。

自転車の主な交通ルール(自転車安全利用五則)

1 車道が原則、左側を通行 歩道は例外、歩行者を優先

 自転車は、道路交通法上、軽車両と位置付けられています。そのため、歩道と車道の区別がある道路では、車道の左側通行が原則です。また、歩道を通行する場合には道路標識等で通行指定がある場合には指定箇所を、指定されていない場合は歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しなければならず、歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければいけません。

2 交差点では信号と一時停止を守って、安全確認

 信号のある交差点では信号を守り、信号のない交差点で一時停止標識がある場合には、一時停止しなければなりません。   

 また、狭い道から広い道に出るときは、徐行しなければいけません。

3 夜間はライトを点灯

 夜間は前照灯及び尾灯又は反射材をつけること

4  飲酒運転は禁止

 自転車も飲酒運転は禁止

5 ヘルメットを着用

 自転車の運転者はヘルメットをかぶるよう努めなければなりません。 

令和4年4月27日に公布された「道路交通法の一部を改正する法律」
(令和4年法律第32号)により、全ての年齢層の自転車利用者に対して、乗車用ヘルメットの着用の努力義務を課すこととされました。

その他自転車運転時に注意すること

二人乗りの禁止

16歳以上の者が幼児2人を幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に乗車させる場合などを除く

並進の禁止

並進可の標識のある場所以外では並進禁止

傘さし運転などの禁止

傘をさしたり、物を持ったりなど、視野を妨げ又は安定を失うおそれがある方法で自転車を運転しないこと

電子機器等の使用禁止

自転車を運転するときは、携帯電話等の電子機器を持って通話や操作、又は画面を注視しないこと

イヤホン等の使用禁止

イヤホン等を使用して音楽やラジオ等を聴くなど、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で自転車を運転しないこと

平成27年6月1日から道路交通法改正により自転車の交通ルールが変わりました

自転車運転中の悪質・危険なルール違反は自転車運転者講習制度の受講対象となります

 満14歳以上の者が、自転車乗用中に15の危険行為を行い、交通違反による取締り又は交通事故で3年以内に2回以上摘発された場合、公安委員会の受講命令により、警察本部等で実施する自転車運転者講習を3時間、6,000円を支払って受けなければなりません。受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。

 15の危険行為とは…
  15の危険行為とは、受講命令の対象となる法令違反です。これ以外にも法令違反があった場合には、交通違反として指導取締り等を受けることがあります。

1 信号無視

 道路を通行する場合、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等に従わなければならない。

2 通行禁止違反

 道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行してはならない。

3 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

 道路標識等によって車両の通行が禁止されている歩行者用道路を、警察署長から交付された許可証を受けて通行する場合、又は通行禁止の対象からはずされている車両が通行する場合は、特に歩行者に注意して徐行しなければならない。

4 通行区分違反

 自転車は、歩車道の区別のある道路では、車道を通行しなければならない。また、自転車は、道路(車道)の中央から左側部分の左側端に寄って通行しなければならない。

5 路側帯通行時の歩行者の通行妨害

 路側帯を通行するときは、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。

6 遮断踏切立入り

 踏切の遮断機や警報機が作動している間は、その踏切に入ってはならない。

7 交差点安全進行義務違反等

・交通整理の行われていない交差点では、交差道路を左方から進行してくる車両の進行妨害をしてはならない。

・交通整理の行われていない交差点では、交差道路を通行する路面電車の進行妨害をしてはならない。

・交通整理の行われていない交差点で、交差道路が優先道路であるときは、その優先道路を進行してくる車両等の進行妨害をしてはならない。また、その交差点に入ろうとする場合には徐行しなければならない。

・交通整理の行われていない交差点で、交差する道路の幅員が明らかに広いものであるときは、その幅員の広い道路を進行してくる車両等の進行妨害をしてはならない。また、その交差点に入ろうとする場合には徐行しなければならない。

・交差点に入ろうとするとき、および交差点内を通行するときは、その交差点の状況に応じ、横断する歩行者等に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

8 交差点優先車妨害

 交差点で右折する場合、その交差点において直進しようとする車両等、又は左折しようとする車両等があるときは、その車両等の進行妨害をしてはならない。

9 環状交差点安全進行義務違反等

 環状交差点内を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。また、環状交差点に入ろうとするときは、徐行しなければならない。

10 指定場所一時不停止等

 一時停止の道路標識がある交差点では、その交差点の(停止線の)直前で一時停止しなければならない。この場合、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

11 歩道通行時の通行方法違反

 歩道を通行するときは、次の事項を守らなければならない。

・道路標示により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分がある場合は、その部分を徐行して進行しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分を通行する歩行者や、通行しようとする歩行者がいないときは、徐行せずに、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で通行できる。

・普通自転車通行指定部分がない場合は、歩道の中央から車道寄りの部分を徐行して進行しなければならない。

・歩行者の通行を妨げることとなる場合は、一時停止しなければならない。

12 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

 自転車の運転者は、内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため、交通の危険を生じさせるおそれのある自転車を運転してはならない。

13 酒酔い運転

 何人も酒気を帯びて自転車を運転してはならない。

14 安全運転義務違反

 自転車の運転者は、その自転車のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通、その自転車の状況に応じ、他人に危険を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

15 妨害運転(交通の危険のおそれ、著しい交通の危険)

 他の車両等の通行を妨害する目的で、逆走して進路をふさぐ、幅寄せ、急な進路変更、不要な急ブレーキ、執拗にベルを鳴らす、車間距離を詰めて異常接近、無理な追い越し等をしてはならない。