ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 福祉 > 高齢者 > 高齢者賃貸住宅家賃助成

高齢者賃貸住宅家賃助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月30日更新

高齢者賃貸住宅家賃助成の廃止について

 新座市では、新型コロナウィルス感染症の影響等により、令和2年10月1日に「財政非常事態宣言」を発令いたしました。これを受け、市税等の大幅な減収による多額の収支差を埋めるべく、新座市独自の高齢者福祉サービスを見直すことになりました。

 

 高齢者賃貸住宅家賃助成につきましては、以下のとおり廃止いたします。

 

廃止時期

 令和3年3月31日をもって廃止

 

制度の概要

 市内の賃貸住宅に居住する高齢者が立ち退きの理由で、他の市内の賃貸住宅に転居した場合、又は身体上の理由によりやむを得ず住宅の3階以上から1階へ転居した場合で、転居後の家賃が転居前の家賃より高額となったとき、その差額を助成する制度です。

 

対象者

 市内の賃貸住宅に1年以上居住している65歳以上の高齢者のみの世帯で、生計中心者の前年度市民税の所得割が非課税の世帯

 

助成金額

 転居前と転居後の家賃の差額2万以内(1,000円未満切り捨て)

 

助成期間

 申請月から要件に該当しなくなった月までで2年を限度とします。

※ 申請の際、立ち退きの証明書などが必要です。