ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 福祉 > 介護 > 介護保険サービス等に係る診断書料助成

介護保険サービス等に係る診断書料助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月30日更新

介護保険サービス等に係る診断書料助成の廃止について

 新座市では、新型コロナウィルス感染症の影響等により、令和2年10月1日に「財政非常事態宣言」を発令いたしました。これを受け、市税等の大幅な減収による多額の収支差を埋めるべき、新座市独自の高齢者福祉サービスを見直すことになりました。

 介護保険サービス等に係る診断書料助成につきましては、以下のとおり廃止いたします。

 

廃止時期

 令和3年3月31日をもって廃止

 

制度の概要

介護保険サービスを受けることに伴い、診断書の作成に要する費用の一部を助成する制度です。

 

対象者

 ⑴ 市民税非課税世帯の方

 ⑵ 市民税本人非課税で、市民税について均等割のみが課されている世帯に属する方

 ※ 生活保護受給者及び介護保険料の未納の方は補助対象外とします。

 

助成金

 診断書料のうち、5,000円を超えた金額(5,000円を上限とする)を助成します。