ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 健康・医療 > 健康・健診 > 令和3年度 妊婦のみなさまへ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)

令和3年度 妊婦のみなさまへ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

妊婦向け相談窓口のご案内

電話相談窓口

「不妊・不育・妊娠サポートダイヤル」では、助産師がご相談をお受けしています。(一般社団法人埼玉県助産師会への委託事業)
新型コロナウイルス感染症に関する不安についての相談も可能ですので、ご利用ください。

    電話番号:048-799-3613
    相談時間:月・金曜日 10時から15時、第1・第3土曜日 11時から15時及び16時から19時(祝・休日、年末年始を除く)

なお、新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご相談は、「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター(24時間受付)」をご利用ください。

不安を感じる妊婦の方向けのオンライン相談窓口(埼玉県産婦人科医会)

埼玉県産婦人科医会では、新型コロナウイルスに感染したり(疑いも含む)、不安を感じている妊産婦さんの心のケアを目的とし、オンライン診療アプリ(Clinics)を用いた、無料オンライン相談窓口を開設しています。

詳細は、こちら(埼玉県産婦人科医会)をご覧ください。

希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査のご案内

 新型コロナウイルス感染症への不安から検査を希望する妊婦の方を対象に、分娩前ウイルス検査を行っています。検査費用の自己負担はありません。検査についてはかかりつけ産科医療機関にご相談ください。

 問い合わせ先:埼玉県保健医療部健康長寿課 希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査のご案内
周知用
  詳細は上記リンク先の県ホームページをご覧ください。

働く妊婦の相談窓口(厚生労働省 都道府県労働局雇用環境・均等部)

 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大するなか、働く妊婦の方は、職場の作業内容によって、新型コロナウイルス感染症への感染について不安やストレスを抱える場合があります。こうした方の母性健康管理を適切に図ることができるよう、男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理上の措置として、新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規定されています。
 通勤や働き方でお悩み、お困りの妊婦の方は「母性健康管理措置などに係る特別相談窓口」にご相談ください。

「母性健康管理措置等に係る特別相談窓口」にご相談ください(厚生労働省チラシ) (別ウィンドウ・PDFファイル・1月27日MB)

職場における妊娠中の女性労働者等への配慮について(厚生労働省)

働く女性の妊娠・出産をサポートするサイト「女性に優しい職場づくりナビ」

 

 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ(日本産婦人科感染症学会8月26日発表より抜粋)

妊婦さん

1.感染が妊娠・胎児に与える影響

 現時点では新型コロナウイルス感染によって、胎児の異常、流産、死産のリスクが、特に高くなるという報告はありません。しかし外国では、母子感染や死産に至った例が報告されています。

2.感染した場合の経過について

 現時点で、わが国では妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、症状の経過や重症度は妊娠していない人と変わらないとされています。しかし、米国では妊娠が重症化リスクになるかもしれないとする報告もあります。一般に、新型コロナウイルス以外の肺炎でも、妊婦さんが肺炎になった場合には重症化する可能性があります。加えて、妊娠中はレントゲン撮影や使用できる薬剤に制限があります。

3.日常で気をつけること

  • 不要不急の外出を控え、特に会食やカラオケなどは避けてください。
  • こまめに手洗いや手指消毒をしてください。
  • 人混みを避けてください。
  • 1.密閉空間、2.密集場所、3.密接場面の3つの「密」が重なる場面を避けてください。
  • 喫煙は新型コロナウイルス感染症のリスクとなります。ご本人、ご家族も含めて禁煙を心がけてください。
  • 十分な睡眠と、バランスの良い食事で栄養を取り、体調を整えるように留意しましょう。
  • 感染が疑われるときは医療機関を通じてPcrや抗原検査を受けてください。検査結果をもとに診断書を発行できるのは医師と歯科医師のみです。
  • 「コロナウイルス感染症は存在しない」、「ただの風邪」、「日本人は集団免疫があるから心配ない」といった医学的根拠のない言説に惑わされないようにしてください。
  • 第2波の流行では家庭内や飲食店での唾液飛沫を介した感染が増えていますので十分なソーシャルディスタンス(1m80cm以上)を取ってください。

4. COVID-19ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方(日本産婦人科学会)

    COVID-19ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ(2021年1月27日)

http://www.jsog.or.jp

5.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策 ~妊婦の方々へ~の改訂(令和3年2月時点)について(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10890.html

 

 ※上記内容は、一般社団法人 日本産婦人科感染症学会が発表した内容(8月26日時点)の一部を抜粋しています。他にも働き方や妊婦健診の受診、分娩について記載しています。詳しくはリンク先を御参照ください。
 ※この団体につきましては、個別に対応はしておりませんので、お問合せについては県内保健所等の相談窓口にお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)