ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 地域・暮らし > 住宅・土地 > 住宅 > 新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助制度のご案内

新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助制度のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年10月4日更新

 市では、新しい生活様式に対応した住まいづくりを推進するため、新座市内の登録業者に依頼して行う新型コロナウイルス感染症対策に対応した住宅の改修等工事の費用の一部を補助します。 

 ご利用される際には、工事の着工前に、「新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助金交付申請書」にその他提出書類を添付して申請する必要があります。なお、改修等工事実施にあたり、民事間のトラブル等が生じた場合は当事者間で解決していただく必要があります。

 ※申請は工事着工前のものに限ります。補助対象工事の確認等、事前にご相談ください。

新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助金交付要綱 (別ウィンドウ・PDFファイル・243KB)

制度概要パンフレット及び手続きの流れ (別ウィンドウ・PDFファイル・10.5MB)

補助要件について

 次の要件を全て満たすことが補助要件となります。

補助対象者要件

 次に掲げるすべての要件に該当する方が対象となります。

  (1) 市内に住所を有している方
  (2) 改修等工事を行う住宅に居住している方
  (3) 改修等工事を行う住宅を所有し、又は改修等工事を行うことにつき当該住宅の所有者の同意を得ている方

補助対象工事

 以下のA又はBの改修等工事を市内の登録業者に依頼して行う2万円以上の工事

  A 改修等工事
  B 改修等工事と一つの契約により併せて行う、住環境の維持向上を図る工事

  【改修等工事一覧】
 (1)  宅配ボックスを設置する工事(固定する工事を伴うもの。)
 (2)  モニター付きインターホンを設置する工事
 (3)  開閉や施錠などをタッチレスで行える玄関ドアに改修する工事
 (4)  通風式ドアに改修する工事
 (5)  手洗い場を増設する工事
 (6)  玄関脇にクローク等を設ける工事
 (7)  洗面台、トイレ、シャワールーム等を増設する工事
 (8)  非接触タイプの水栓器具等に交換する工事
 (9)  自動開閉式便座に交換する工事
 (10) センサー式水洗トイレに交換する工事
 (11) 換気用の開口部を設ける工事
 (12) 換気設備を設置する工事
 (13) 抗菌・抗ウイルス機能のある建材(内装材・手すり等)に更新する工事
 (14) テレワーク等を行うワークスペースを設置する工事
 (15) その他、感染症対策に効果があると認めるもの
 

補助対象外となるもの

 前述の要件に関わらず、以下に掲げるものについては補助対象外となります。

 ・本補助制度以外に市が実施する補助制度を利用する工事
 ・改修等工事を行わずに実施する住環境の維持向上を図る工事
 ・新築工事
 ・住宅以外に対して実施する工事
 ・DIY等契約を伴わない工事
 ・人が住んでいない住宅で行う工事
 ・賃貸人が実施する工事

登録業者について

 現在登録している事業者のリストはこちらから 

  → 登録業者名簿 (別ウィンドウ・PDFファイル・147KB)現在登録申請受付中

施工業者の方へ

 本制度における施工業者の登録要件として新座市内に事業所を有する個人又は新座市内に法人登記をしている法人である必要があります。

 この要件を満たした上で、次の登録申請書に新座市役所課税課が発行する営業証明書を添えて、建築審査課まで提出してください。なお、営業証明書に代えて、登録申請書に付随している個人情報利用目的外利用同意書に記入し、提出することができます。

  新座市住まいの感染症対策改修等工事登録業者登録申請書 (別ウィンドウ・PDFファイル・107KB)

  なお、会社が法人の場合はこちらをご提出ください。

  ・同意書(業者用) (別ウィンドウ・PDFファイル・103KB)

 

 ※ 登録決定後、登録事項の内容変更があった場合又は登録の廃止をする場合、新座市住まいの感染症対策改修等工事登録業者登録事項変更・廃止届 (別ウィンドウ・PDFファイル・88KB)を提出してください。

補助額について

  補助対象工事費の5%に相当する額(上限10万円)

  
  ※ 補助額の1,000円未満の端数は切捨てとなります。
  ※ 補助は対象者1人につき1回限りとし、かつ、一の住宅につき1回限りとなります。

申請手続について

 交付申請について

 次の申請書にその他必要書類を添付して、建築審査課まで提出してください。なお、個人情報に係る書類に代えて、交付申請書に付随している個人情報利用目的外利用同意書に記入し、提出することができます。

 ※着工前に申請していただく必要があります!
 ※市内の登録業者に工事を依頼していただく必要があります!

  ・新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助金交付申請書 (別ウィンドウ・PDFファイル・124KB)

  ・その他必要書類(交付申請)
    1.住宅の位置が確認できる案内図
    2.改修等工事の見積書の写し(改修等工事の工事費が確認できるもの。)
    3.改修等工事実施前の現況写真
    4.改修等工事を実施する当該住宅の所有者の同意書及び賃貸借契約書の写し
        (自己所有の住宅以外の住宅に改修等工事を行う場合に限る。)
    5.その他、市長が必要と認める書類
    6.申請手続き等を代理人に委任する場合は、委任状(※申請者の署名、捺印が必要です)

    ※ 個人情報利用目的外利用同意書の署名ができない場合は次の書類が必要となります。
    ・住民票の写し
    ・改修等工事を行う住宅の登記事項証明書

 

変更申請について

  工事中に申請内容に変更が生じた場合は「新座市住まいの感染症対策改修等工事内容変更等承認申請書」を提出してください。
  
※交付決定通知書の補助額から増額は行いません
  
  新座市住まいの感染症対策改修等工事内容変更等承認申請書 (別ウィンドウ・PDFファイル・71KB)(交付決定を受けた工事内容を変更又は中止する場合)
   

完了報告について

  工事が完了しましたら、「新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助金完了報告書」にその他必要書類を添付して提出していただく必要があります。
 ※申請があった年度の1月31日までに完了報告書を提出していただく必要があります
 ※期限までに完了報告書の提出がなされない場合は、補助を行うことができませんのでご注意ください。

  ・新座市住まいの感染症対策改修等工事費補助金完了報告書 (別ウィンドウ・PDFファイル・82KB)(交付決定を受けた工事完了後に提出)

  ・その他必要書類(完了報告)
  1.補助対象工事に要した費用の領収書の写しその他補助対象工事費の支払いが確認できる書類
  2.補助対象工事の実施時及び完了時の状況が確認できる写真

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)