ページの先頭です。

よくある質問

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月4日更新

オンブズマンとはなんですか?

スウェーデン語の「Ombudsman」が原語であり、代理人などと訳されています。一般には、市民の権利と利益を守る代理人として行政の監視を行う任務を持つ職とされています。新座市オンブズマンは苦情申立てに対し、第三者機関として調査を行います。

市民でなくとも苦情申立てはできますか?

市が行っている事務、事業について利害関係があれば、市民に限らず苦情の申立てができます。

申し立てる苦情の内容に決まりはありますか?

市が行っている事務、事業について不当、不適切と感じたことについて苦情を申し立てることができます。
ただし、次の事項に関する苦情については申立てができません。

(1)判決、裁判等により確定した権利関係に関する事項
(2)現在判決、採決等を求め係争中の事項
(3)議会に関する事項
(4)職員の自己の勤務内容に関する事項
(5)オンブズマンの行為に関する事項

上記以外にも、事実のあった日から1年が経過したもの、虚偽その他正当な理由がないもの、苦情を調査することが相当でないとオンブズマンが認めた場合には調査を行いません。
また、申立ての内容によって、他の制度を利用したほうが良い場合には、他の制度をご案内します。

回答をもらえるまでどのくらい時間がかかりますか?

申立てが受理されてから2、3か月の時間がかかります。

苦情申立てをすれば必ず改善がされますか?

苦情申立てが行われた場合、オンブズマンは申立て内容を審査し、関係法令の調査及び市の機関に対し説明を求め、関係書類の閲覧や実地調査を行い、市に問題がないかを判断します。そのため、必ずしも申立て事項が改善されるわけではありません。
また、オンブズマンは必要に応じて、意見表明や勧告を行いますが、それらの措置には法的強制力はありません。

調査結果に納得がいかなかった場合、再度の苦情申立ては可能ですか?

オンブズマンが調査、結果を出した事案について、再度の苦情申立てを行うことはできません。
また、調査結果が変更されることもありません。

オンブズマンはいつ出勤していますか?


毎月の第1・3金曜日(祝日の場合は翌週)午後1時から4時まで、オンブズマン2名が交代で出勤しています。
オンブズマンの出勤日以外はオンブズマン室職員が受付、オンブズマンに引き継ぎます。
オンブズマンとの面談を希望する場合は在庁日の午後1時から午後3時30分までにご来庁ください。