ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 教育支援課 > 新座市立小・中学校の今後の対応について(5月27日更新)

新座市立小・中学校の今後の対応について(5月27日更新)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月27日更新

新座市立小・中学校の今後の教育活動及び新座市の教育活動におけるマスク着用についてについて(5月27日更新)


 新座市立小・中学校の今後の教育活動についてお知らせいたします。

 

 1  基本方針

    新型コロナウイルス感染症の感染経路の第一がエアロゾル感染であることを踏まえ、感染対策の重点を常時換気とするとともに、マスクの着用を含めた感染拡大防止を第一とし、陽性者発生時の迅速かつ適切な初期対応を実施した上で、可能な限り通常の教育活動を実施する。

 2   授業等について

    授業等は、基本的な感染防止対策、陽性者発生時の初期対応を徹底した上で実施すること。別紙に例を挙げるような、「感染対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」を行う場合は、特に感染防止対策を徹底すること。

 3  学校行事について

  (1) 修学旅行や遠足等の校外行事

  (2) 校内行事について

  4  部活動について

   (1) 校内での活動について

  (2) 校外での活動について

  (3) 陽性者発生時の活動停止期間等

  ※ 詳細については、別紙1「新座市立小・中学校における今後の教育活動について」を参照ください。

 

 新座市の教育活動におけるマスク着用についてお知らせいたします。

 1  概要

   ・これまでの対策を緩和すべきという社会的要請が高まっているが、オミクロン株の伝播力は高いため、マスク着用を含めた基本的な感染対策は重要である。

   ・これまでは、社会的なまん延防止を図る観点(社会通念上の合理性)から、他律的・全体的な指導のもとマスク着用を推奨してきた。今後は、これまでも周知してきた熱中症予防等の観点や、空気の循環により感染リスクが低くなる屋外でのマスク着用について改めて確認し、児童生徒が時と場に応じて自ら考え、判断できるような自律的・個別的な指導への転換を図る。

 2  教育活動における具体的な対応について

  (1) マスクの着用を推奨する場面

  (2) マスクの着用を不要とする場面

  (3) 飛沫防止ガードの取扱い

  (4) 留意事項

 3  マスク着用の考え方について

※ 詳細については、別紙2「新座市の教育活動におけるマスク着用について」を参照ください。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)