ページの先頭です。

就学援助のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月1日更新

就学援助制度とは、経済的理由により教育の機会が失われないように、学校でかかる経費(学用品費、修学旅行費、林間学校費、学校給食費等)を援助する制度です。

就学援助の受給対象者

就学援助を受けることができるのは、新座市内に住所を有し、公立の小・中学校に在籍する児童生徒の保護者で、おおむね次のような状況にある方です。

  • 生活保護を停止・廃止されている方
  • 市民税が非課税又は減免されている方
  • 国民年金の掛金が減免されている方
  • 国民健康保険税が減免されている方
  • 児童扶養手当を受給している方
  • その他経済的事情により援助が必要と認められる方

認定の目安

生計を共にする方で、所得のある方全員分の年間総所得金額が、認定基準金額を下回れば認定となります。

例1 父41歳・母48歳・子13歳(中1)・子10歳(小4)の4人家族

   年間所得基準額は、持家の場合、約322万円、借家の場合、約419万円となります。

例2 父50歳・母45歳・子15歳(中3)・子13歳(中1)・子10歳(小4)の5人家族

   年間所得基準額は、持家の場合、約389万円、借家の場合、約485万円となります。

上記はあくまで目安となっております。年齢・家族構成等により、基準額は多少異なります。

所得とは、給与収入の場合は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄に記載された金額、事業収入の場合は総収入金額から必要経費を差し引いた金額となります。

就学援助の支給対象経費(平成28年度の支給例/年額)

学用品費など(学用品費、通学用品費、校外活動費)

  • 小学校 1年 12,990円 2年から6年まで 15,220円
  • 中学校 1年 24,590円 2年から3年まで 26,820円

新入学児童生徒学用品費(4月認定者のみ)

  • 小学校 1年 20,470円
  • 中学校 1年 23,550円

学校給食費

  • 小学校 1年 40,000円 2年から6年まで 44,000円
  • 中学校 1年から2年まで 51,700円 3年 47,000円

修学旅行費

  • 小学校 6年 実費額
  • 中学校 3年 実費額

林間学校費

  • 小学校 5年 実費額
  • 中学校 1年 実費額

体育実技用具費

  • 中学校 全学年 実費額(上限あり)

医療費

学校の健康診断等で発見された、学校保健安全法施行令に定める疾病(トラコーマ・結膜炎・白癬・疥癬・膿痂診・中耳炎・慢性副鼻腔炎・アデノイド・う歯・寄生虫病(虫卵保有を含む。))について、治療の勧告を受け、この治療に要した額を支給します。(新座市教育委員会発行の医療券の交付を受けてから、治療に通ってください。)

申請について

就学援助を希望される方は、申請書に必要事項を記入し、所得を証明する書類を添付して、在籍している学校又は教育委員会学務課へ提出してください。
申請書は、各小・中学校又は学務課でお受け取りください。また、ホームページからもダウンロードできます。
就学援助を受けるための申請書のダウンロードをご利用ください。 

  • 就学援助費受給申請書兼世帯票
  • 就学援助費受給申請書兼世帯票(記入例)

提出書類

就学援助費受給申請書兼世帯票

各小・中学校又は学務課にあります。また、ホームページからもダウンロードできます。

添付書類

前年分(平成28年1月から12月)の所得を証明する下記のいずれか(写し可)。生計を共にする方で、収入のある方全員分を添付してください。

  • 平成28年分給与所得・公的年金等の源泉徴収票
  • 平成28年分所得税確定申告書(控)(申告内容の記載があるもの)
  • 平成29年度市民税・県民税申告書の写し(申告内容の記載があるもの)
  • 平成29年度所得・(非)課税証明書(申請時期が6月以降の場合)

提出場所

在学している学校又は教育委員会学務課へ提出してください。

申請期間

随時申請できます。

ただし、新入学児童生徒学用品費は、5月以降の申請ですと対象外となりますのでご注意ください。

留意事項

支給を認定された場合は、原則として申請した月からの支給となりますので、申請はお早めにお願いします。
また、認定された後に住所や氏名など世帯の状況が変わった場合や振込口座を変更したい場合は、学務課へご連絡ください。