ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 情報システム課 > 新座市公衆無線LAN(Wi-Fi)の利用について

新座市公衆無線LAN(Wi-Fi)の利用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月6日更新

 一部の市内公共施設で公衆無線LAN(Wi-Fi)が利用できます
 また、観光の振興、防災対策及び公共施設を利用される市民のみなさまの利便性向上を目的として「新座市公衆無線LAN(Wi-Fi)整備方針」を定め、平成31年度までに順次整備を進めていく予定です。
  新座市公衆無線LAN(Wi-Fi)整備方針はこちら (別ウィンドウ・PDFファイル・1021KB)
  
 ※ 公衆無線LANとはご自分の無線LAN(Wi-Fi)対応パソコンやスマートフォン等からインターネットへ接続できるサービスです。

利用できる施設

  • 市役所本庁舎
  • 市役所第二庁舎
  • 市役所第五庁舎
  • 市民会館
  • ふるさと新座館(野火止公民館)

利用に当たってのお願い

  • 本サービスの利用に当たり、コンピュータウイルス対策等のセキュリティ対策は利用者で行ってください。

  • 図書館内など静かな環境が求められる室内でご利用される際は、端末機の操作音、音量について周囲の方に十分な配慮を行ってご利用ください。

  • 利用に必要となる機器、ソフトウェア等は利用者があらかじめ用意してください。

  • 公衆無線LANへの接続に関する機器の設定は、利用者が行ってください。接続方法についてのお問合せにはお答えいたしかねますので、ご了承ください。

  • 利用に当たっては、公序良俗に反する行為や犯罪・迷惑行為を行わないでください。

  • 利用に当たっては、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」を遵守してください。

  • 青少年の利用に当たっては、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」の趣旨に基づき、利用機器に対し保護者の方が閲覧履歴の管理を行うなどの適切な対応をお願いします。

制限事項

  • 施設内の電源コンセントは利用できません。

  • 本サービスは、回線及び電波状況により十分な通信速度で動作できない場合があります。

  • 本サービスは、利用者に予告することなく利用方法を変更、中止することがあります。

  • メールの大量送信は禁止とさせていただきます。

免責事項

  • 公衆無線LANの利用又は提供の中止により、利用者又は第三者が被ったいかなる損害についても、市は一切の責任を負うことはできません。
  • 公衆無線LANの利用によるコンピュータウィルス感染、不正アクセス等について、市は一切の責任を負うことはできません。
  • 利用者がインターネット上で利用した有料サービスについては、その理由にかかわらず、利用者が費用を負担するものとします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)