ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 予防接種 > 成人男性の風しん抗体検査と予防接種を無料で実施します

成人男性の風しん抗体検査と予防接種を無料で実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

 風しんの抗体保有率が低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、抗体検査を無料で実施します。また、検査の結果、抗体価が低かった方は、予防接種が無料で受けられます。

 風しんは、免疫を持たない妊婦が感染すると、胎児の目や耳などに障がいが残る先天性風しん症候群を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。
 風しんは、咳・くしゃみで他人にうつるため、学校、職場、公共交通機関などの人が集まる場所で感染が拡大する恐れがあるため、早めに抗体検査を実施し、抗体価が低かった方は予防接種を受けましょう。
 
 ※この制度は、2022年3月31日で終了となります。希望される方は、お早めに実施してください。
 ※女性やその同居者については、埼玉県が実施する無料の風しん抗体検査を受けることができます。詳細については、埼玉県ホームページをご覧ください。

対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性
 
※対象者には、全国の医療機関等で使用できるクーポン券が市から送付されます。今年度の送付対象者は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた方になります。
 ※今年度、クーポン券が届かない方でも対象者であれば実施できます。希望する方は、保健センターにお申込みください。

実施方法

  全国の医療機関、又は事業所健診、特定健診(国民健康保険の方)を利用して抗体検査を受けることができます。
  実施の際は、予約のうえ、クーポン券を忘れずにお持ちください。新座市では、6月上旬に送付を予定しております。発送前に必要な方は、保健センターへご連絡ください。
  検査の結果、抗体価が低かった方のみ、予防接種を無料で受けることができます。

  ※実施医療機関は、こちら

接種ワクチン

 麻しん風しん混合ワクチン(MR)

 ※平成26年4月1日以降に受けた抗体検査の記録をお持ちで、抗体価が低かった方は、改めて抗体検査を受ける必要はありません。その検査記録をお持ちになり、予防接種を受けることができます。

参考

 ・風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ
 ・風しんについて(厚生労働省ホームページ