ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 保健センター

保健センター

「ゾウキリン」

新生児聴覚検査について

新生児聴覚検査とは、生まれてまもない赤ちゃんを対象に行う「耳のきこえ」の検査です。

この検査は、赤ちゃんが眠っている間に、音を聞かせてその反応を記録する方法で行います。

生後1ヶ月を過ぎると、起きている時間が長くなり、目を覚ましやすくなるため、検査が難しくなります。

このようなことから、出生後から生後1ヶ月以内の検査受診を案内しています。

検査にかかる時間は10分程度です。赤ちゃんへの負担はありません。

「耳のきこえ」に心配があるのかを確認することができ、「耳のきこえ」の状態に応じて聞く力や話す力をつける練習を開始することができます。

先天性難聴の出現頻度は1000人に1~2人とされています。これは、現在スクリーニング検査が行われている先天性疾患よりも頻度が高いと言えます。

お子さまの健やかな成長のために検査の受診をおすすめします。

 

 

妊娠・出産

子育て・乳幼児健診

健康教育・健康相談

施設・医療機関のご案内

保健センター通信「えがお」


連絡先

〒352-0024

埼玉県新座市道場二丁目14番4号

  • Tel:048-481-2211(保健指導第1係)

主な業務内容

健康診査.結核・感染症の予防.予防接種.生活習慣病の予防.献血推進事業.休日歯科応急診療所.母子保健.健康増進法に基づく健康増進事業.栄養指導ほか

関連情報