ページの先頭です。

転入届のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月17日更新

 他の市区町村や海外から新座市に引っ越してきたときは、転入届をしてください。

 新座市では、成りすましや第三者からの虚偽の届出又は申請を防止し、併せて個人情報を保護するために、届出又は申請に来庁された方(代理人を含む)を対象に、本人確認を実施しておりますので、ご協力をお願いします。

提出期限

新しい住所に住み始めた日から14日以内

※この届け出を忘れますと、5万円以下の過料に処せられることがあります。

届出人

本人・世帯主・世帯員又は代理人(ただし、委任状が必要です。)

届出に必要なもの

  • 本人確認の書類(マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、パスポート、健康保険証など)
  • 前住所地の市区町村長が発行した転出証明書
    (国外から転入する方、転入・転出の特例処理をご利用された方は不要)
  • マイナンバーカード(保有者のみ)又は住民基本台帳カード(保有者のみ)
  • 通知カード(代理人による届出の場合は、通知カードの記載事項変更に係る委任状も必要です。)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)
  • 届ける人の印鑑
  • 外国人住民の方は全員の在留カード・特別永住者証明書

国外からの転入の場合

  • 転入者全員のパスポート(必ずお持ちください)
  • 外国人住民の方は全員の在留カード・特別永住者証明書等
  • 日本人の方は戸籍の謄本または抄本と戸籍の附票(本籍が新座市の方は不要です)

マイナンバーカード又は住民基本台帳カードを利用した転入の特例

マイナンバーカード又は住民基本台帳カードをお持ちの方は、転入の特例による手続ができます。

詳しくは、住民基本台帳ネットワークシステムで提供しているサービスのご案内の転入転出の特例処理をご覧ください。

このページと関連のあるページ