ページの先頭です。

有効期限到来による電子証明書の更新手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月19日更新

電子証明書の更新手続きについて

 マイナンバーカード(個人番号カード)に搭載される電子証明書(公的個人認証サービス)には、有効期限が設定されています。引き続き、電子申請(e-Tax等)やコンビニ交付サービス等のご利用を希望する場合は、更新申請が必要です。
 更新対象者には、期限到来の約3か月前に電子証明書有効期限通知書がJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)から送付されます。更新のお手続きは、有効期限の3か月前から出来ますので、有効期限をご確認の上、お早めに更新手続きをしていただくようお願いします。

    参考:パンフレット(申請方法の説明) (別ウィンドウ・PDFファイル・2.31MB)

 

受付場所

新座市役所市民課(本庁舎1階)
平日午前8時30分から午後5時15分まで

※ 出張所では手続きできません。

持ち物

本人が手続きする場合

  • 有効期限通知書
  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカード以外の本人確認書類1点(暗証番号の照合ができない場合、暗証番号の再設定の手続きで必要となります)

代理人が手続きする場合

  • 有効期限通知書
  • 本人のマイナンバーカード
  • 代理人の顔写真付きの身分証
  • 照会書兼回答書(必ず通知書と同封された封筒に封入したうえでお持ちください)

手数料

無料

電子証明書の有効期限について

 下記のうち、各電子証明書ともいずれか早い日が有効期限となります。

署名用電子証明書

  • 発行の日から5回目の誕生日(有効期限到来前に更新を行った場合は発行の日から6回目の誕生日)
  • マイナンバーカードの有効期限
  • 利用者証明用電子証明書の発行を受けている場合は、その有効期限

※有効期限内であっても、氏名、住所等に変更があった場合は失効します。

利用者証明用電子証明書

  • 発行の日から5回目の誕生日(有効期限到来前に更新を行った場合は発行の日から6回目の誕生日)
  • マイナンバーカードの有効期限

※氏名、住所等に変更があった場合でも失効しません。

暗証番号について

 電子証明書の更新手続きを行う際には、電子証明書の暗証番号の入力が必要となります。
 「暗証番号を忘れてしまった」「ロックがかかってしまった」方については、更新手続き時に暗証番号の再設定を行いますので、職員にお申し出ください。
 なお、署名用電子証明書は6桁~16桁(英数字混在)、利用者証明用電子証明書は4桁(数字)です。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)