ページの先頭です。
市長プロフィール
市長スケジュール
市長へのメール・手紙・ファックス
新座市長とタウンミーティング
市長交際費

ごあいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月27日更新
新座市長 並木 傑
 

 皆様こんにちは。新座市長の並木 傑です。

 7月5日に執行されました新座市長選挙におきまして、多くの市民の皆様の御信任を賜り、二期目の当選を果たすことができました。責任の重さと市政の舵取り役としての使命を厳粛に受け止め、16万6千人の市民のために全力で市政運営に邁進していく決意であります。

 本年に入り、新型コロナウイルスの感染が世界的なパンデミックを引き起こし、日本でも緊急事態宣言による休業要請がなされ、経済活動が停止いたしました。市民、市内事業者の皆様に深刻な影響を及ぼす事態となったことから、国や県と連携し、市独自の緊急経済対策を第1弾から第4弾まで取りまとめ、速やかに実行いたしました。

 二期目がスタートした現在においても、感染拡大は収束の兆しが見えない状況です。ワクチンの開発等抜本的な対処法が編み出されるまでの間、ウイルスとの共存を強いられる日常となります。引き続き国や県と協力して、市民、市内事業者の皆様の生命と財産を守ることを最優先に、必要な対策を行ってまいります。

 現在、地方自治体は、少子高齢化による人口減少への対応に苦慮しています。新座市は今のところ人口が微増していますが、少子高齢化は進展しており、何らかの対策を講じない限り今後は人口が減少していくと予測されています。人口が減少すれば、まちは活気を失い、更なる人口の流出を招く悪循環に陥ります。新座市が、人口減少の負のループに陥らず、将来にわたって活気あるまちであり続けるためには、都市間競争に打ち勝ち、選ばれるまちになることが必要です。

 私は、平成28年の市長就任時から、新座市が選ばれる自治体となり多くの方に住んでいただけるよう、市の知名度を上げるための「シティプロモーション」に取り組むほか、子育て支援、都市基盤整備を推進しました。

 また、東京2020オリンピック・パラリンピックの射撃競技が市内にある陸上自衛隊朝霞訓練場で開催されること、ブラジル連邦共和国選手団が市内で事前キャンプを行うこと等を市内外にPRするとともに、市制施行50周年の記念事業を実施してまいりました。

 二期目につきましても、これらの事業を継続してまいりますが、この他にも以下の8つの項目を実現することで、「市民くらし満足度ナンバーワン新座」を目指してまいります。

 

【二期目4年間の重点施策】

⑴ 新型コロナウイルス感染拡大を防止し、健康で安全安心なまち、そして防災・減災 あらゆる災害に対応できる強じんなまちづくり。

⑵ 子どもにやさしく、高齢者を大切にするまちづくり。

⑶ 日本一輝く学校づくりを目指すまちづくり。

⑷ ダイバーシティ、SDGsの取組を進めるインクルーシブなまちづくり。

⑸ 地元で働く人が豊かになり共に新座市の発展を目指すまちづくり。

⑹ 魅力満載、楽しさ満載、エキサイティングなまちづくり。

⑺ 先端情報技術を取り入れた利便性の高い、住んでいて心地よいファシリティ(公共施設)が充実したまちづくり。

⑻ 新しい住宅空間、新しい公共インフラをつくり出す輝く未来都市づくり。

 

 先が見通せない現状は大変に厳しいものですが、「明けない夜」はありません。必ずや訪れる「アフターコロナ」を信じて、希望が持てる輝かしい未来に向かって直面する課題に対して全身全霊を傾けて全力で取り組んでまいります。

 市民の皆様には、引き続き市政に対する御理解、御協力を賜りますよう改めてお願い申し上げ、二期目スタートに当たっての御挨拶とさせていただきます。


新座市長 並木 傑(まさる)

 

Menu
施政方針
◆市長スケジュール 今後1カ月後  過去1カ月後
市長へのメール・手紙・ファックス
新座市長とタウンミーティング
市長交際費