ページの先頭です。

新座市教育大綱を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月5日更新

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正され、教育委員会の制度が変わりました(※)。

 これを受け、本市では、新座市総合教育会議における協議を経て、教育、生涯学習、生涯スポーツ、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の方針について定める「新座市教育大綱」を策定しました。

 大綱の推進期間は、平成27年度から平成32年度までの6年間とし、今後の社会情勢の変化等を踏まえ、必要に応じて見直しを行います。

 ※ 改正後の新たな取組として、全ての地方自治体に首長と教育委員会から成る「総合教育会議」を設置すること、総合教育会議での協議を経て、「教育に関する大綱」を首長が策定することなどが求められています。

大綱の内容(概要)

1 基本理念

はぐくもう 豊かな心 ~だれもが自分らしく幸せに生きるために~

 ※ 基本理念は、本市が目指すべき教育、生涯学習、生涯スポーツ、学術及び文化の最も基本的な理念を示すものです。

2 基本目標

(1) 家庭や地域が一体となった就学前教育の推進

(2) 生きる力の育成と質の高い学校教育の推進

(3) 心豊かで健全な青少年の育成の推進

(4) 生涯学習・スポーツ・文化芸術活動の充実と地域の歴史・伝統・文化の継承

(5) 教育施設の整備・充実の推進

 ※ 基本目標は、基本理念の実現のために本市が目指すべき目標を五つの視点から示すものです。

新座市教育大綱 (別ウィンドウ・PDF形式) ダウンロード 

  新座市教育大綱 (別ウィンドウ・PDFファイル・255KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)