ページの先頭です。

第一層協議体

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月30日更新

        新座市

新座市の令和2年10月現在総人口は166,279人、0歳から14歳が21,529人、15歳から64歳の生産年齢人口が102,212人、高齢化率は26.5%です。

第1層協議体からのお知らせ

〇令和2年度第2回第1層協議体を令和3年3月10日にオンラインで開催します。
〇第1層協議体では市全域に関わる事で「誰もが住み慣れた地域で自分らしい生活を続けるためにはどうすれば良いか」を話し合っています。  
〇令和2年度の第1回第1層協議体は新型コロナ感染症の拡大防止の観点から、書面会議による開催を行いました。

第1層協議体って?

第1層協議体で話し合うこと

 1. 第2層の協議体が取り組んでいる情報を共有し、第2層協議体で解決が困難な課題があれば、解決するための協議をする
 2. 市全域に係る社会資源との連携及び協議をする。
 3. 行政との連携による解決しか望めないことを行政へ発信する。
 4. 担い手の発掘・養成、補助金の制度など市全域にまたがることを協議する。
 5. 支え合いの仕組みづくりへの理解、協力を広げるための啓発活動をする。

第1層協議体

このような人が第1層協議体に参加しています!

   ・各圏域の第2層協議体(6名)、社会福祉協議会、高齢者相談センター、社会福祉法人、新座市町内会連合会、新座市老人クラブ連合会、新座市民生委員・児童委員協議会、介護及び福祉事業者、からの代表者13名が集まって協議をしており、任期は1年間としています。誰でも傍聴することは可能です。

          メンバー

令和元年度から開催

第1層協議体ではこんなことが話し合われました。

第1層協議体開催日程
令和元年5月16日 生活支援体制整備事業と第1層協議体の役割について
新座市生活支援体制整備事業補助金交付要綱について
議事録 (別ウィンドウ・PDFファイル・128KB)
令和元年6月20日 「生活支援体制整備事業」フォーラムについて 議事録 (別ウィンドウ・PDFファイル・100KB)
令和元年10月10日 「生活支援体制整備事業」のフォーラムの報告と振り返り
「生活支援体制整備事業」の今後の方向性について
議事録 (別ウィンドウ・PDFファイル・119KB)
令和2年1月9日

埼玉県社会福祉協議会生活支援アドバイザーによる講演
「生活支援体制整備事業について」
「第1層の協議体の役割」と「協議体と福進協のそれぞれの役割」について
令和2年度の第1層協議体の体制について

議事録 (別ウィンドウ・PDFファイル・109KB)

令和2年8月
 (書面会議)

令和2年度の委員紹介
北部第1協議体からの提案に対する回答
今後の第1層協議体の運営について

議事録 (別ウィンドウ・PDFファイル・91KB)

令和3年3月10日

令和2年度の新委員による自己紹介
委員が所属する組織の今年1年間の活動発表
来年度の協議内容について

議事録 (別ウィンドウ・Wordファイル・20KB)

第1層協議体

-にいざ支えあいフォーラムPart2ー「支え上手・支えられ上手になろう!」が開催されました

-にいざ支えあいフォーラムPart2-「支え上手・支えられ上手になろう!」が令和元年9月29日に新座市民会館中ホールで開催されることとなり、第1層協議体委員から周知方法や運営方法などの助言をいただきました。

フォーラム

第1層協議体勉強会を実施

第1層協議体の開催にあたり、第1層協議体の役割を知りたいとのご意見が出たため、令和元年度第4回第1層協議体で、新座市の目指す役割を市の福祉政策課から説明し、他行政の協議体の動きに関してを埼玉県社会福祉協議会の方から講義をしていただきました。

第2層協議体代表者による意見交換会を開催しました。

第1層協議体参加者から、第2層の各圏域での協議体で何が話し合われているのかを知りたいとのご意見があり、第2層協議体の代表者に現在第2層協議体で何が話し合われているか発表をしていただき、意見交換をしていただきました。

オンライン体験会を実施

コロナ禍で協議体での話し合いを進めるために何が出来るかを検討。オンラインでの会議の体験会を開催しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)