ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 長寿はつらつ課 > 聞こえを諦めないで ~補聴器を使って認知症予防~

聞こえを諦めないで ~補聴器を使って認知症予防~

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

聞こえを諦めていませんか?

補聴器を使いたくないからと、聞こえを諦めていませんか?

補聴器を買ったものの、うまく聞こえないからと、使うことを諦めていませんか?

聞こえを改善すると、生活や会話に積極的になり、人とのコミュニケーションにつながります。

また、難聴が原因の認知症や、うつの予防にも効果があると言われています。

しかし、補聴器は慣れるまでに調整が必要です。

耳の聞こえ方や補聴器の使い方でお困りの場合は、まずは相談しましょう。

相談先

かかりつけ耳鼻咽喉科

普段からかかっている耳鼻咽喉科がある場合は、そちらの医師に相談しましょう。

補聴器の購入店

すでに補聴器をお持ちの方は、購入したお店に相談してもよいでしょう。

補聴器相談医

コミュニケーションの支障となっている難聴に有効な補聴器を適正に選んで使用できるように対応することを目的とした補聴器相談医制度に登録された医師です。

新座市・朝霞市・志木市・和光市の補聴器相談医     ※令和2年7月1日現在

医師名 病院・診療所名(市町村名) 電話番号
三須 俊宏 三須耳鼻咽喉科(新座市) 048-480-1187
伊藤 菜穂子 伊藤耳鼻科クリニック(朝霞市) 048-486-0087
増田 毅 増田耳鼻咽喉科医院(朝霞市) 048-463-9218
佐内 明子 さない耳鼻科クリニック(朝霞市) 048-450-3710
内田 亮介 志木駅前うちだ耳鼻科(志木市) 048-423-2511
齋藤 晶 和光耳鼻咽喉科医院(和光市) 048-467-0889
宮川 昌久 和光耳鼻咽喉科医院(和光市) 048-467-0889
関根 大喜 独立行政法人国立病院機構埼玉病院(和光市) 048-462-1101

 

医療費控除の対象となる場合があります

「認定補聴器専門店」での補聴器購入費用が、所得税の確定申告で医療費控除の対象となる場合があります。

購入前に補聴器相談医に診療情報提供書を作成してもらう必要があるため、必ず事前に補聴器相談医にご相談ください。

相談に当たっては、検査等を行う場合があります。

また、診療費がかかります。