ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 手当・助成 > 新座市幼児集団活動利用料補助金
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 子育て支援 > 新座市幼児集団活動利用料補助金
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 学校・教育 > 幼稚園 > 新座市幼児集団活動利用料補助金

新座市幼児集団活動利用料補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月13日更新

 本市では、子ども・子育て支援法に基づく地域子ども・子育て支援事業として、地域における小学校就学前の子どもを対象とした多様な集団活動事業の利用支援事業(=新座市幼児集団活動事業利用料補助金)を令和3年度より実施します。

新座市幼児集団活動事業利用料補助金について

 日常的に対象施設を利用している幼児教育・保育の無償化の対象となっていない満3歳以上の小学校就学前の幼児(新座市民に限る。)について、対象施設の利用料の全部または一部(月額上限20,000円)を補助します。

 利用者がこの補助金の交付を受けるには、あらかじめ幼児集団活動事業の実施者(施設)が市の定める基準を満たしていることを市に申請し、対象施設としての決定を受けている必要があります。(施設の所在地は新座市内、外を問いません。)

新座市幼児集団活動事業利用料補助金交付要綱 (別ウィンドウ・PDFファイル・199KB)

(事業者向け)対象施設となるための申請

 対象施設となるためには、市の定める基準を満たす必要があります。

 下記(1)の項目を全て満たしている場合は対象施設となる可能性がありますので、(2)の必要書類を提出してください。

(1)対象施設確認項目(全てに該当することを確認してください)

  1 施設の標準的な開所時間(延長保育除く)が、おおむね1日4時間以上8時間未満、週5日以上及び年間39週以上である

  2 申請日が属する年度の前年度5月1日時点における満3歳以上の在園児のうち、幼児教育・保育の無償化を受けている幼児はおおむね半数以下である

  3 標準的な開所時間を毎日利用している満3歳以上の在園児のうち、幼児教育・保育の無償化を受けていない新座市民の幼児がいる

  4 別紙 『別表1(第2条関係)対象施設等の基準 (別ウィンドウ・PDFファイル・200KB)』を全て満たしている

(2)申請に必要な書類

  1 基準適合審査申請書(様式第1号) (別ウィンドウ・Wordファイル・25KB)

  2 現員の内訳書(様式第1号付表) (別ウィンドウ・Excelファイル・23KB)

  3 有資格者の資格が確認できる免許状や登録証の写し

  4 職員の勤務体制が分かる勤務割表等

  5 施設の平面図

  6 利用案内・パンフレット(過去3カ年分の利用料が分かるもの)

  7 年間活動計画、幼児の健康管理・安全管理等が分かる書類、保険会社との契約書類の写し

申請書類郵送先

  〒352-8623 埼玉県新座市野火止一丁目1番1号

  新座市こども未来部保育課入所係

(利用者向け)補助金申請について

利用する施設が対象施設となるための申請をし、市の基準を満たすことが決定されましたら利用者からの申請を受け付けます。

次の書類を市保育課又は利用する施設に提出してください。(交付申請書は施設にも送付しています。)

提出書類

1 交付申請書(様式第4号) (別ウィンドウ・PDFファイル・404KB) /記入例 (別ウィンドウ・PDFファイル・445KB) 

2 申請対象期間の利用料を支払ったことを証明する書類(領収証等)

補助金交付までのスケジュール   
申請対象の利用料 提出期間
4月~6月利用料 7月1日から7月末日まで
7月~9月利用料 10月1日から10月末日まで
10月~12月利用料 1月4日から1月末日まで
1月~3月利用料 4月1日から4月15日まで

 

 

 

 

 

 

※令和3年度については、提出期間を一部変更しています。

原則、申請書類の審査は上記のとおり四半期ごとに行いますので、提出期間に申請書類の提出をお願いします。

書類の審査後、3か月分の利用料をまとめて保護者名義の口座へ交付します。

なお、交付時期は、審査をしてからおおむね1か月後となる予定です。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)