ページの先頭です。
トップページ > よくある質問と回答 > 地域・暮らし > ごみ・環境・衛生 > ごみ・リサイクル > 事業所から出たごみはどのように処理したらよいですか

事業所から出たごみはどのように処理したらよいですか

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

  事業所から出たごみは集積所に排出することはできませんので、次のいずれかの方法で処理してください。

一般廃棄物処理許可業者に依頼をする

 市ホームページに「新座市一般廃棄物処理許可業者一覧」を掲載していますので、参照ください。

環境センターに直接搬入をする

 まず、搬入する品物を決めてから、市役所リサイクル推進課に電話で申し込みをしてください。

申込方法

 土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く、午前8時30分から午後5時15分までに、電話で申し込んでください。

申込期限

平日に搬入する場合

 持込日が月曜日から金曜日の場合は、行かれる当日に電話予約することが出来ます。
 ※ ただし、富士見環境センターは、平成25年9月17日から平成26年12月末まで、施設内工事を行っています。
 それに伴い、平日も受入件数の制限がありますので、受入件数に達し次第、受付けは終了しますのでご了承くださ い。

土曜日の午前中に搬入する場合

 金曜日の午後4時までにお電話ください。
 事前の予約制で一定の予約件数が決まっているため、予約が一杯になり次第締め切ります。

搬入時間

 午前9時から午前11時30分までと午後1時から午後4時までです。

処理手数料

  • 可燃ごみ・リサイクル資源のペットボトル・不燃ごみは20キログラム当たり450円
  • リサイクル資源のビンは20キログラム当たり330円

注意事項

 搬入をする品物によって、行っていただく環境センターが変わりますので、必ず指定された環境センターへ搬入時間内に持ち込んでください。
 なお、事業系の粗大ごみ、プラスチック類は搬入できません。

関連リンク