ページの先頭です。
トップページ > 記者発表資料はこちらからご覧いただけます > 【記者発表資料】「リケジョのパイオニア」丹下ウメ博士の顕彰碑が平林寺に建立

【記者発表資料】「リケジョのパイオニア」丹下ウメ博士の顕彰碑が平林寺に建立

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年8月14日更新

日時

令和5年8月21日(月曜日)、午前10時30分から

※室内での挨拶(非公開)の後、外へ移動して顕彰碑除幕式(公開)となります。

場所

金鳳山平林寺

(新座市野火止三丁目1番1号)

主催関係者

金鳳山平林寺

寄進:日本女子大学、東北大学、理化学研究所、竹上創(はじめ)氏(山下家)、金鳳山平林寺

内容

 日本で初めて大学に入学した女性3名のうちの1人、丹下(たんげ)ウメ(梅子)博士の墓地開眼及び顕彰碑除幕式が金鳳山平林寺において、女子学生の日の8月21日に執り行われます。

 日本女子大学にて理系女子の教育に尽力し、日本女子大学には丹下記念奨学金があります。当日は寄進された各大学等から役職に就かれている方々が多数臨席されます。

 まさに、日本の女性科学者の礎を築いた、「リケジョのパイオニア」です。

目的経緯

 丹下ウメ博士の偉業を称え、日本の科学技術発展と世界平和を祈念し、顕彰碑が建てられるものです。

 経緯は、平林寺が竹上氏から丹下博士の墓地移転の相談を受け、丹下博士の多大な功績を知った平林寺がそれならばと土地を提供し、顕彰碑が建てられることになりました。

効果

 日本の名だたる研究機関の寄進により、日本の女性科学者として稀有な存在である丹下ウメ博士の偉業を称える顕彰碑が平林寺に建立されることは、本市にとって大変光栄なことです。​

連絡先

歴史民俗資料館

(電話:048-481-0177)

※当日、平林寺へ取材に来られる方は、必ず事前に歴史民俗資料館まで御連絡ください。