ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 市政情報・観光 > 市の概要 > 友好都市 > 友好都市中華人民共和国済源市との交流

友好都市中華人民共和国済源市との交流

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月31日更新

 済源市の概要

 河南省の省都鄭州市から、北西に車で約2時間の所に位置し、面積1,931平方キロメートル、人口約68万人の都市。
 市街の南には黄河が流れ、東には華北平原が広がっている。北西に王屋山、北東に五竜口など景勝地が多く、観光資源に恵まれている。また、古い歴史を持つこのまちは、偉人や文人の遺跡のほか、各種伝説や神話も多く、中国文明のゆりかごとも呼ばれており、有名な唐の詩人も済源市の美しさを讃えている。現在、こうした財産を生かすため、観光事業が整備されるとともに、住みよいまちづくりが推進されている。
 また、済源市に存在する40種以上の鉱物と3,000種以上の動植物などの自然資源は、観光や研究の上で非常に価値あるものとして保護されている。
 主要な特産物としては、小麦、とうもろこし、果物などの農作物。また、天台硯が有名。近年では、機械工業、化学工業などの開発誘致に積極的に取り組んでおり、鉄鋼業やパルプ工業などの豊富な資源を活用するための研究にも力を入れている。

済源市役所の住所 河南省済源市宣化中街58号

済源市のホームページ(中国語)へリンク(別ウィンドウ)

交流のきっかけとなった事柄

 平成11年(1999年)9月11日、中華人民共和国河南省国際人材交流協会日本駐在員が新座市長を表敬訪問し、同省済源市と新座市の交流を希望したいとの申出を頂いた。更に翌10月には、済源市長から新座市長あてに、経済交流を図りたい旨の親書が送付された。
 市として経済交流を進めることは困難であり、また、市民レベルの文化・青少年育成交流を推進するためにも、市内の新座市国際交流協会との交流を提案した。同協会からも積極的に交流を図りたいとの回答を頂き、平成12年9月には、済源市長をはじめとする、5名の市幹部が初めて新座市を訪問した。

 

交流経過

新座市と済源市との交流経過

平成11年(1999年)
9月7日  中華人民共和国河南省国際人材交流協会日本駐在員が、新座市長を表敬訪問し、同省済源市と新座市とが交流することを希望する旨伝える。
10月25日  済源市長から新座市長あてに経済交流を図りたい旨と、済源市へ新座市長を招へいする旨の親書が送付される。
12月26日  新座市長から済源市長あてに、行政としては経済交流は困難であることから、市民レベルの文化・青少年育成交流のため、新座市国際交流協会を通じた交流を行ってはどうか打診する。
平成12年(2000年)
1月5日  新座市長から新座市国際交流協会へ、済源市との交流について検討して欲しい旨依頼する。
9月4日から7日まで  済源市長始め5名の市幹部が来訪。
 市内公共施設、民間工場を視察するとともに、新座市国際交流協会と交流を図る。
11月22日  新座市民有志10名が済源市を訪問し、交流を図る。
平成13年(2001年)
4月8日から14日まで  済源市民13名が、新座市を訪問
5月3日から7日まで  新座市長を団長に、新座市国際交流協会会員及び市民24名(随行職員1名含む)が済源市及び鄭州市を訪問
7月16日から19日まで  済源市議会議長を団長とする済源市議会友好訪問団10名が、新座市を訪問
9月23日から26日まで  新座市議会議長、市議会議員6名、新座市国際交流協会会員4名が、済源市を訪問
12月27日  済源市から、済源市人民代表大会常務委員会が決議した「済源市と新座市との友好都市締結についての決議」が送付される。
平成14年(2002年)
2月20日  済源市教育局副局長を団長とした、中学生訪問団が新座市を訪問。市内中学校を訪問し、交流を図る。
5月15日から19日まで  新座市長、新座市議会議長、随行職員及び新座市国際交流協会訪問団25名の合計28名が済源市を訪問。
  5月16日、済源市役所講堂において友好都市提携調印式が挙行される。
8月20日から24日まで  済源市長を団長とする済源市政府訪問団及び済源市青年連合会主席を団長とする済源市青年友好交流訪問団合計17名が新座市を訪問し、交流を図る。
平成15年(2003年)
1月30日から2月5日まで  新座市と済源市が友好都市提携をしたことを記念し、新座市国際交流協会が済源市文化芸術訪問団を招へい。20名の文化芸術訪問団が新座市を訪問する。
 滞在中は、新座市長を表敬訪問したほか、「国際交流デー 日中文化芸術公演」に出演(入場者数1,183名)。また、新座市文化協会との交流など、市民相互の文化交流を深る。
平成18年(2006年)
5月21日から24日まで  済源市長を団長とした、済源市人民政府訪日団8名が新座市を訪問。新座市立第四中学校や市内企業を訪問して交流を図る。
平成19年(2007年)
11月2日から6日まで  新座市国際交流協会会員及び市民による訪問団19名が済源市を訪問し、交流を図る。
平成25年(2013年)
9月20日  済源市長を団長とした、済源市人民政府視察団10名が新座市を訪問。富士見環境センターや平林寺等を訪問して交流を図る。              
平成27年(2015年)
10月19日  済源市長を団長とした、済源市人民政府視察団6名が新座市を訪問。市内農家視察や平林寺等を訪問して交流を図る。  
平成28年(2016年)
5月5日から9日まで  新座市長を団長とした、新座市国際交流協会会員及び市民による訪問団20名が済源市を訪問し、交流を図る。
11月18日  新座市・済源市友好記念「新座牡丹園」開園
平成29年(2017年)
4月7日  済源市文化旅遊投資集団有限会社理事長をはじめ3名が新座市を訪問。睡足軒での茶道体験や平林寺・牡丹園の視察を行い、交流を図る。
令和元年(2019年)
10月16日  済源市副市長を団長とした、済源市人民政府視察団7名が新座市を訪問。牡丹園の視察やあさか野農業協同組合新座支店を訪問するなどして交流を図る。