ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 健康・医療 > 健康・健診 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月17日更新

市民のみなさまへ

 市民の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザなどと同様に、1.手洗い、2.咳エチケット等の基本的な感染症対策に努めていただきますようお願いいたします。できるだけ人混みを避けるなど、おひとりおひとりが感染予防の徹底をお願いします。最新の情報については、新型コロナウイルス感染症について(厚労省)にてご確認ください。手洗い

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

 0570-783-770(24時間受付)
 一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には、帰国者・接触者相談センターをご紹介いたします。

新型コロナウイルス感染症の相談窓口一覧

 「新型コロナウイルス感染症の相談窓口」はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症総合サイト

熱中症にご注意ください

 熱中症にご注意ください。(新座市熱中症ページ)

  熱中症予防とコロナ感染防止
  令和2年度の熱中症予防行動(リーフレット) (PDF・898KB)  ※熱中症予防行動のポイント(厚労省)より転載

感染症の予防について

 流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目等に触る前には手洗いを徹底しましょう。風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、口や鼻をティッシュで覆う等の咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。
 新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために (PDF・167KB)

日常生活で気をつけること

 まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
 咳などの症状があるかたは、咳やくしゃみを手で押さえると、その手を触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他のかたに病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
 持病があるかたやご高齢のかたは、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~ (PDF・951KB)

発熱等の風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休んでください

 発熱等の風邪の症状がみられたら、毎日、体温を測定し記録してください。

妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ

1.感染が妊娠・胎児に与える影響

 現時点では新型コロナウイルス感染によって、胎児の異常、流産、死産、早産のリスクが高くなるという報告はありません。しかし子宮内における胎児のウイルス感染が疑われる例が報告されています。

2.感染した場合の経過について

 現時点では、妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、症状の経過や重症度は妊娠していない人と変わらないとされています。ただし、一般的に、新型コロナウイルス以外の肺炎でも、妊婦さんが肺炎になった場合には重症化する可能性があります。加えて、妊娠中はレントゲン撮影や使用できる薬剤に制限があります。

3.日常で気をつけること
  • 不要不急の外出を控えてください。
  • こまめに手洗いをしてください。
  • 人混みを避けてください。
  • 1.密閉空間、2.密集場所、3.密接場面の3つの「密」が重なる場面を避けてください。
  • 喫煙は新型コロナウイルス感染症のリスクとなります。ご本人、ご家族も含めて禁煙を心がけてください。
  • 十分な睡眠と、バランスの良い食事で栄養を取り、体調を整えるように留意しましょう。

 ※上記内容は、一般社団法人 日本産婦人科感染症学会が発表した内容(4月17日時点)の一部を抜粋しています。他にも働き方や妊婦健診の受診、分娩について記載しています。詳しくはリンク先を御参照ください。
 ※この団体につきましては、個別に対応はしておりませんので、お問合せについては県内保健所等の相談窓口にお願いします。

子どもの予防接種と乳幼児健診

 お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。
 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診
 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚労省)

新型コロナウイルス感染症対策に関連した啓発物

 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)
 以下の画像は、上記首相官邸ホームページより転載しました。リンク先には英語や中国語、ポルトガル語のチラシも掲載されています。ご活用ください。
   
   3つの密を避けましょう!       「密閉」「密集」「密接」しない!
   3つの密を避けましょう! (PDF・1.34MB)  「密閉」「密集」「密接」しない! (PDF・1.71MB)
  
   3つの密を避けるための手引き!
   3つの密を避けるための手引き! (PDF・1月24日MB)    
                                                            
   感染症対策 手洗い 咳エチケット
   感染症対策 (PDF・905KB)     手洗い(PDF・796KB)        咳エチケット (PDF・883KB)   
                                
   感染症対策(首相官邸ホームページ) マスクについてのお願い
   感染症対策 (PDF・1020KB)              マスクについてのお願い (PDF・261KB)   
   
   新型コロナウイルスQ&A 
   新型コロナウイルスQ&A (PDF・1月09日MB)

コロナウイルスとは

 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-Cov(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMers-Cov(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまっています。

新型コロナウイルス感染症とは

 ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から14日(多くは5日から6日)といわれています。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。
飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルス放出され、他の人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の人がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。特にご高齢の方や基礎疾患のある人は重症化しやすい可能性が考えられます。

市が開催するイベントについて

 新座市では以下の点を目安に、事業の中止・延期を決定しています。

  1. 中止・延期が可能な不急の事業 
  2.  集団(クラスター)感染の発生のリスクが高い場所で行う事業 
  • 密閉空間であり換気が悪い屋内で実施する事業 
  •  手の届く距離(おおむね1メートル以内の距離)で実施する事業 
  •  近距離での会話や発声を伴う事業

 新型コロナウイルスに関連したイベント中止情報

新型コロナウイルスに関する誤った情報や噂にご注意ください

 新型コロナウイルスに関する様々な情報や噂がインターネットやSns等で流れておりますが、その中には事実とは異なる情報もあります。市民の皆様におかれましては、厚生労働省や埼玉県、新座市が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動していただきますようお願いいたします。

 注意

 以上の情報は、厚生労働省のホームページなどを参考にして作成したものです。

厚生労働省リンク集(厚労省HP)

関連リンク集(外部サイト)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)