ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > シティプロモーション課 > 【目標金額達成】桜満開プロジェクトへのご協力、誠にありがとうございます!

【目標金額達成】桜満開プロジェクトへのご協力、誠にありがとうございます!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月24日更新

令和元(2019)年12月24日から始まりました、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディング「小・中学校の桜を守り育てて、子どもたちのオアシスを残していきたい。桜満開プロジェクト!」について、令和2(2020)年3月19日、次のとおり目標金額を達成することができました。

  • 寄付金額:2,230,000円(目標金額:2,200,000円)

寄附金の募集に当たっては、たくさんの方々にご協力を頂き、誠にありがとうございました。あらかじめお示しした寄附金の使い道に従い、プロジェクトを実行してまいります。

※なお、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を介した寄附金の募集は終了しましたが、市役所窓口では引き続き本プロジェクトの寄附を受け付けております。寄附のご協力を頂ける場合、お手数ですが、市役所本庁舎4階シティプロモーション課までお越しください。引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

小・中学校の桜を守り育てて、子どもたちのオアシスを残していきたい。桜満開プロジェクト!

桜プロジェクト

プロジェクトの概要

本プロジェクトは、市内小・中学校の桜を守り育てていきたいという思いから、初めてガバメントクラウドファンディングを活用して取り組む事業です。

新座市立池田小学校のシンボルツリーは市内でもめずらしい山桜です。山桜は約100年以上も生き続けますが、池田小学校の山桜は樹医からあと数年で枯れてしまうと診断されました。また、市内のそのほかの小学校も、2019年の台風の影響で大木が倒れ、校庭から桜の木がなくなりかけています。

点検の様子 倒木画像

新座市は、池田小学校の山桜をはじめ、市内の小・中学校の老齢期を迎えたソメイヨシノを可能な限り存続させ、昔のように甦らせたいという思いで、この度クラウドファンディングに挑戦します。

募集寄付金額

220万円

募集期間

令和元(2019)年12月24日(火曜日)から令和2(2020)年3月23日(月曜日)まで(91日間)
※「ふるさとチョイス」を介した募集期間です。窓口では引き続き寄附を受け付けております。

寄附金の使い道

挿し木及び植樹作業、池田小学校の山桜の環境整備、各校の植樹場所の整地作業など、桜の存続と環境整備や維持管理に使用します。

なお、目標金額に達しなかった場合、少額でも本プロジェクトへ活用させていただきます。または、すでに挿し木をしている山桜の生育環境の整備に活用させていただきます。

プロジェクトURL

https://www.furusato-tax.jp/gcf/753

ガバメントクラウドファンディングとは

2013年9月にトラストバンクが提供したクラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み。自治体がプロジェクトオーナーとなり、関心や共感を呼ぶプロジェクトを立ち上げることで、広く資金を調達する。寄附者は自らの意思で寄附金の使い道を選ぶことができる。ガバメントクラウドファンディングでは、自治体が地域課題に対する具体的な解決策、必要な寄附金と使い道、寄附金を集める期間などを提示する。2019年12月時点で寄附総額60億円を突破し、655以上のプロジェクトが実施された。「2019年度グッドデザイン賞」を受賞。

  •  ガバメントクラウドファンディング及びGCFは、株式会社トラストバンクの登録商標です。
  •  「ふるさとチョイスガバメントクラウドファンディング」サイト:https://www.furusato-tax.jp/gcf/

通常のふるさと納税について

新座市では、本市のまちづくりを応援してくださる皆様から、目的に応じた3つの基金と使用目的を指定しない一般寄付について、ふるさと納税(寄付)を募っています。皆様のご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。

※通常のふるさと納税については、こちらのページをご覧ください。

ご注意ください

新座市の基金をかたった寄付の強要や詐欺行為などには、十分にご注意ください。