ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 保険 > 国民健康保険 > 福祉・健康に関する計画 > 新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)・特定健康診査等実施計画

新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)・特定健康診査等実施計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月31日更新

第3期新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)及び第4期特定健康診査等実施計画を策定します

 国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)は、健診結果などの健康情報とレセプトなどの医療情報を分析し、被保険者の健康課題を明らかにした上で、その健康課題を解決するための保健事業の目標や実施方法等の基本的な事項を定める計画です。令和5年度末で第2期計画の計画期間が終了することに伴い、次期第3期計画の策定を進めています。

 また、保健事業の中核をなす特定健康診査及び特定保健指導の目標や具体的な実施方法を定める第4期特定健康診査等実施計画についても、保健事業実施計画(データヘルス計画)と一体的に策定します。

特定健康診査についてのアンケートを実施します

 特定健康診査に対する意識や意向をお伺いし、次期計画策定のための重要な基礎資料や、国民健康保険における保健事業に活用させていただくため、特定健康診査についてのアンケート調査を実施します。

 つきましては、本調査の趣旨をご理解いただき、回答にご協力くださいますようお願いいたします。

調査の対象者

 令和2年度末に40歳以上である市国民健康保険被保険者のうち、令和2年度、令和3年度、令和4年度の3年間、市の特定健康診査及び人間ドック検診を受診されなかった方。

調査人数

 4,000人(無作為抽出)

調査期間

 令和5年5月19日(金)から令和5年6月14日(水)まで

調査方法

 郵送によるアンケート調査(日本システム技術株式会社に委託して実施)

第2期新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)の中間評価を実施しました(令和3年3月)

  「第2期新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)」の計画期間は、平成30年度から令和5年度までの6年間であり、令和2年度はその中間年となることから、計画期間後半により効果的な保健事業を推進できるよう事業内容を見直すことを目的とし、中間評価を実施しましたので公表します。

  第2期新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)中間報告書 (別ウィンドウ・PDFファイル・11.62MB)

  ※計画の名称については、策定当初は「新座市国民健康保険データヘルス計画第2期計画」としていましたが、「第2期新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)」に変更します。

 第2期新座市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)・特定健康診査等実施計画第3期計画

 新座市国民健康保険データヘルス計画第2期計画・特定健康診査等実施計画第3期計画 (別ウィンドウ・PDFファイル・3.86MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)