ページの先頭です。

市税の納付方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月13日更新

市税の納付方法

 市役所、各出張所及び金融機関窓口での納付に加え、下記の納付方法をご利用いただけます。

口座振替での納付(おすすめ)

 口座振替は、指定した口座から自動的に引き落とされるので、納め忘れがなく、納付の手間が省けて大変便利です。また、1度手続きをすれば、翌年度分から自動的に継続されますので、是非ご利用ください。

【ご用意いただくもの】・口座振替依頼書 ・預金口座届出印 ・口座内容のわかるもの

※口座振替依頼書はダウンロードによる「市税の口座振替依頼書」をご利用いただくか、市役所(納税課)、各出張所及び市内金融機関にご用意しています。また納税通知書にも添付しています(口座届出印が必要となります。)。

※納税課窓口では口座届出印がなくても、キャッシュカードによる申込み(ペイジー口座振替受付サービス)をご利用いただけます(一部の金融機関を除く。)。

※申込締切日を過ぎて到着した場合は、次の期別からの振替となりますのでご了承ください(郵送での提出の場合は、申込締切日必着となります。)。

※軽自動車税を納期限までに口座振替された方については、継続検査用納税証明書を6月中旬に新座市より郵送します(継続検査対象車両で滞納税額がない場合のみ)。


令和元年度の各税目の口座振替をする場合の申込締切日は、以下のとおりです。

市民税・県民税

  • 第1期 令和元年6月5日
  • 第2期 令和元年8月5日
  • 第3期 令和元年10月4日
  • 第4期 令和 2年1月6日

固定資産税・都市計画税

  • 第1期 平成31年4月26日
  • 第2期 令和元年7月5日
  • 第3期 令和元年12月5日
  • 第4期 令和 2年2月5日

 軽自動車税

   ・全期 平成31年4月26日

 国民健康保険税(普通徴収)

  • 第1期 令和元年7月5日
  • 第2期 令和元年8月5日
  • 第3期 令和元年9月5日
  • 第4期 令和元年10月4日
  • 第5期 令和元年11月5日
  • 第6期 令和元年12月5日
  • 第7期 令和 2年1月6日
  • 第8期 令和 2年2月5日
口座振替ができる金融機関(本店・各支店)
埼玉りそな銀行 西京信用金庫
りそな銀行 ※多摩信用金庫
三井住友銀行 ※西武信用金庫
みずほ銀行 ※朝日信用金庫
三菱Ufj銀行 東京信用金庫
※東和銀行 巣鴨信用金庫
武蔵野銀行 青梅信用金庫
※きらぼし銀行 青木信用金庫
※みずほ信託銀行 ※城北信用金庫
※三井住友信託銀行 ※あさか野農業協同組合
※川口信用金庫 ※東京あおば農業協同組合
埼玉縣信用金庫 ※中央労働金庫
ゆうちょ銀行(郵便局)  

※印の金融機関の口座では、納税課窓口でのキャッシュカードによる申込手続ができません。
また、一部のキャッシュカード(IC専用カード・家族カード)は使用できない場合がありますので、利用可否については各金融機関にお問い合せください。

コンビニエンスストアでの納付

 全国の主なコンビニエンスストアで納付できます。コンビニエンスストアで納付できる納付書にはバーコードが 印刷されています。

【ご用意いただくもの】・納付書(バーコードの印刷されたもの)

※利用できるコンビニエンスストアは納付書の裏面の記載をご覧ください。

※1枚あたりの納付金額が30万円を超える場合、コンビニエンスストアでは納付できません。

 

スマートフォン決済アプリPayBでの納付※(令和元年11月20日から開始)

 スマートフォン、タブレット端末から、納付書に印刷されている「コンビニ収納用バーコード」をカメラ機能で読み取り、事前に登録した金融機関の口座から即時に支払いができるスマートフォン決済アプリ「PayB(ペイビー)」を利用して、銀行やコンビニ等へ行くことなく、ご自宅や外出先から24時間いつでも納付することができます。

【ご用意いただくもの】・納付書(バーコードの印刷されたもの) ・スマートフォン又はタブレット端末 ・PayBアプリ

 ※PayB納付の利用方法等については、「スマートフォン決済アプリ(PayB)で納付できます」をご覧ください。

ご利用の際の注意事項

  • 領収証書は発行されませんので、領収証書や軽自動車税納税証明書(車検用)を必要とする場合は、納付書裏面記載の金融機関やコンビニエンスストア等の窓口で納付してください。
  • 納付書のバーコードが読み取れない場合またはバーコードの印字がない場合(金額が30万円を超えるもの)は利用できません。
  • 納付書バーコードの利用期限を過ぎると利用できません。
  • PayBアプリのダウンロードは無料です。ただし、アプリのダウンロードおよび利用にかかるパケット通信料はご本人負担人となります。

クレジットカードでの納付

 「Yahoo!公金支払い」を利用し、クレジットカードで市税が納付できます。パソコンやスマートフォンから「Yahoo!公金支払い」のサイトに接続し、クレジットカード情報を入力すると、ご自宅や外出先から24時間いつでも納付することができます。

【ご用意いただくもの】・納付書 ・クレジットカード

※納付番号と確認番号の印字がない納付書、100万円以上の納付書については利用できません。    

※利用できるクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのいずれかのロゴが付いたクレジットカードです。

クレジットカード納付にかかる手数料

クレジットカードでの支払いには手数料がかかります。詳しくは下記の表をご覧ください。
決済手数料は、納付金額の10,000円を超える部分に対して、10,000円ごとに100円(税別)が加算されます。

クレジットカード決済手数料
納付金額 決済手数料
10,000円以下 0円
10,001円以上20,000円以下 100円(税別)
20,001円以上30,000円以下 200円(税別)
30,001円以上40,000円以下

300円(税別)

以降10,000円増えるごとに 100円(税別)ずつ加算

ご利用方法

   パソコン又はスマートフォンから/Yahoo!公金支払い(別ウィンドウ)

ご利用の際の注意事項

  • 領収証書は新座市から発行されません。 
  • 軽自動車の車検などで納税証明書の発行をお急ぎの方は、クレジットカード以外の支払方法をご利用ください(納税証明書の発行は、カード利用日から16日から34日後となります)。
  • 軽自動車税を納期限までに納付された方については、継続検査用納税証明書を6月中旬以降に新座市より郵送します(継続検査対象車両で滞納税額がない場合のみ)。
  • 金融機関やコンビニエンスストアの窓口や店頭でのクレジットカードによる支払はできません。
  • インターネット接続費用は、利用者負担になります。
  • 期別(納付書)ごとに納付手続が必要です。
  • 支払手続完了後に、一度完了した支払手続を取り消すことはできません。お支払いに際しては、入力された情報に誤りなどがないことを十分ご確認ください。
  • 現在、口座振替をご利用の方でクレジットカードでの支払を希望される場合は、口座振替の解約手続とクレジット納付用納付書の発行が必要となります。

※Yahoo公金支払いの案内ページ(別ウィンドウ)