ページの先頭です。

新座市景観計画の一部変更を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

新座市景観計画の一部変更について

 新座市景観計画は、平成22年に策定し、緑豊かな自然環境に恵まれ、生活利便性の高い住宅都市として発展してきた新座らしい特徴的な景観要素を生かした地域別の基本方針に基づき、本市を6つのゾーンに区分して、各ゾーンにおける色彩基準を設けて運用を行っています。                                                                

 この度、工業標準化法が一部改正され、「日本工業規格(JIS)」の名称が「日本産業規格(JIS)」に変更となりました。新座市景観計画では、色彩基準について、日本工業規格Z8721に定めるマンセル値を使用しているため、法改正に合わせて日本工業規格の名称を変更しました。 

 ※新座市景観計画についてはこちらをご覧ください。