ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 妊娠・出産 > 子育て世代包括支援事業のご案内

子育て世代包括支援事業のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

市では、子育て世代包括支援事業として利用者支援事業(母子保健型)と産前・産後サポート事業を実施しています。お気軽にご相談ください。

 

妊娠・出産・産後の相談:利用者支援事業(母子保健型)

内容

妊娠中の体調や出産、産後の生活など様々な疑問、不安や心配事について助産師等(母子保健コーディネーター)に相談ができます。

安心して出産を迎えられ、子育てができるよう必要な情報をお伝えしたり、相談先をご案内します。

保健センター及び市役所こども支援課での妊娠届出時及び母子健康手帳交付時には、助産師等(母子保健コーディネーター)が相談をお受けします。

※妊婦以外の方が妊娠届出をされた場合は、後日母子保健コーディネーターがお電話をさせていただき、体調等をお伺いいたします。

利用できる方

新座市に住んでいる妊産婦及び乳幼児の子どもを持つ保護者

相談内容の例

妊娠中って何に気を付ければいいの?

妊娠中や出産、産後の生活が不安

産後、近くに手伝ってくれる人がいなくて心配

家族としてサポートできることを知りたい     など

時間

平日午前9時から12時、午後1時から4時30分まで

場所

新座市保健センター

相談方法

電話相談 048-481-2211

面接相談は、上記の電話で要予約

相談者

母子保健コーディネーター(助産師等)

妊娠中・産後に助産師へ相談:産前・産後サポート事業

妊娠中や産後の体調、育児などについて助産師が訪問で相談をお受けします。

また、乳幼児相談日(月1回)には、母乳育児や卒乳について助産師へ相談できます。

自宅訪問

内容

助産師が妊産婦さんの自宅等を訪問し、相談支援を行います。

※原則お一人2回まで。

時間

平日午前9時から午後5時まで

相談方法

電話で要予約

訪問者

助産師

乳幼児相談(予約制)

内容

助産師が母乳や育児相談を行います。※乳房マッサージは行いません。

 詳細はこちらへhttps://www.city.niiza.lg.jp/soshiki/31/nyuuyoujisoudan2020.