ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 安全・安心 > 防犯対策 > 消費生活・相談 > 新座市消費生活センター > 国民生活センター 若者向け注意喚起シリーズ

国民生活センター 若者向け注意喚起シリーズ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月21日更新

国民生活センター 若者向け注意喚起シリーズ

国民生活センターでは、若年者に多いトラブルについて、全国の消費生活センター等で増えている相談事例を紹介しています。全国の消費生活センター等に寄せられる相談をみると、20歳代の相談件数は未成年者と比べて多く、その契約金額も高額です。
こうしたトラブルに成年になったばかりの18歳・19歳も巻き込まれるおそれがありますので注意が必要です。
未然に事例を知り、トラブルにあわないようにしましょう。

記事(国民生活センターのページにリンクしています)

【若者向け注意喚起シリーズ<No.1>】美容医療サービスのトラブル-「10万円」のつもりが「70万円」の契約!?即日施術は避けリスク等の確認を!-

【若者向け注意喚起シリーズ<No.2>】情報商材や暗号資産(仮想通貨)のトラブル-「もうかる」はずが、残ったのは借金…-

【若者向け注意喚起シリーズ<No.3>】健康食品等の「定期購入」のトラブル-「お試し」「1回限り」のつもりが定期購入に!?-

【若者向け注意喚起シリーズ<No.4>】借金するよう指示し、強引に契約を迫る手口に注意

【若者向け注意喚起シリーズ<No.5>】怪しい副業・アルバイトのトラブル-簡単に稼げて高収入?!うまい話には裏がある…-

【若者向け注意喚起シリーズ<No.6>】SNSをきっかけとした消費者トラブル-広告の内容はしっかり確認! 知り合った相手が本当に信用できるか慎重に判断を!-