ページの先頭です。
トップページ > 組織でさがす > 福祉政策課 > 新座市は、生活支援体制整備事業を推進しています!

新座市は、生活支援体制整備事業を推進しています!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月29日更新

支えあいの仕組みづくりを進めています!

生活支援体制整備事業って?

   「年齢を重ねても、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けたい!」
   このような願いは、誰もがもつものです。この願いを実現するためには、世代を超えて支えあえるご近所の関係づくりが重要になります。しかし今日では、少子高齢化と人口減少が急激に進み、地域・家庭・職場といったさまざまな生活場面で支えあいの基盤が弱まり、人と人のつながりが希薄になっています。だからこそ、人生におけるさまざまな困難に直面した場合でも、誰もが役割をもち、お互いを配慮し、存在を認めあい、時には支えあうことで、孤立せずに自分らしい暮らしを続けられるような地域にすることが求められるのです。
   これがまさに「地域共生社会」。生活支援体制整備事業は、この理念に基づき、地域の皆さんが主体となり、支えあう仕組みづくりを推し進めるものです。そして、この活動をサポートするのが、「協議体」と「生活支援コーディネーター(地域支えあい推進員)」。新座市では、協議体は市全域を対象としたものが1つ(第1層協議体)、市内6つの地域福祉圏域に1つずつ(第2層協議体)設置され、7人の生活支援コーディネーターが配置されています。

今、地域で起きている問題

困りごと

誰もが住み慣れた地域で暮らし続けるためには‥‥ 

地域づくり

市内6圏域に設置された第2層協議体

第2層協議体って?

   協議体とは、地域で生活しているからこそ気づく、医療や介護では解決できないような困りごとを話しあう場であり、地域の皆さんが中心になり、地域を元気にする場でもあります。具体的には、地域の困りごとの解決策を話しあったり、地域資源やサービスの情報を共有したり、住民や事業所相互の連携を深めたりします。
   協議体は、毎月ほぼ1回のペースで開催。声の大きさや立場に関係なく、誰でも自分の意見を発言できる場です。
   普段の生活の中で、「こんなことがあったらいいなぁ!」、「こんなことができれば助かるなぁ!」といったようなことがあれば、ぜひ協議体に参加してご意見をお聞かせください。自分の困りごとの解決は、他の人にとっては簡単なことかもしれません。あなた自身が他人の困りごとを解決できるかもしれないのです。
 

6圏域に設置された協議体

 地域の困り事は住んでいる人、世代、環境などで大きく変わります。各協議体で困りごとを聞き取り調査したところ、多様な課題が出て来ました。現在、困りごとの解決に向けた仕組みづくりのため、下記の活動を行っています。

圏域 地区 主な活動の近況
東部第一
東1 KIND
片山、池田、野寺、道場    地域で支え合える住民参加型「有償ボランティア組織」の立ち上げを検討中。
東部第二
東二よつばの会
畑中、馬場、栄、新塚  自宅から参加できる方を中心にZOOMの練習会を実施。地域の情報を共有を目的としてアンケートを実施。
西部 本多、あたご、菅沢、野火止1~4丁目、西堀、新堀   「うつ」「認知症」「子ども」に関する勉強会を実施。3つのテーマの中から令和3年の下半期に行う活動を検討中。
南部 石神、栗原、堀ノ内    対面会議再開後、まちあるきを実施。
今後は協議体の目標を検討する。オンライン会議導入を目指している。
北部第一 東北、東、野火止5~8丁目    地域活動の未経験者を対象に協議体の参加を促し、仲間を増やすチラシづくりを検討中。困り事の解決に向けた組織を検討中.。
北部第二 中野、大和田、新座、北野  「コロナ禍で協議体ができることを考えてみよう!」をテーマに検討を開始。

第2層協議体には、このような方が参加しています!

   協議体の参加資格は問われません。地域デビューしたばかりの人でも、長く地域にかかわってこられた人でも、地域を良くしていくために一緒に考えたいという人であれば、誰でも参加できます。
現在、協議体には、生活支援コーディネーター、社会福祉協議会・高齢者相談センターの職員のほか、地域住民、民生委員・児童委員、福進協、町内会・自治会、障がい者支援施設、高齢者支援施設、保育園、子育て支援センター、シルバー人材センター、ボランティア団体、民間企業などの人たちが参加しています。

参加者

協議体・生活支援コーディネーターの役割

   地域の困りごとや課題があれば、それを解決できる生活支援サービスや地域の支えあい活動などの情報を提供。つまり地域住民のニーズ(地域の困りごと)とサービス・活動(地域資源)とをマッチングさせる(つなぐ)のが、協議体と生活支援コーディネーターの大切な役割です。

つなぐ

第2層協議体の開催日程(令和2年3月~令和3年6月)

   どなたでも参加ができます。なお新型コロナウイルス感染症の影響により、当面1時間程度の短時間開催とし、状況に応じて開催を中止する場合があります。

※3月は、緊急事態宣言発出のため、全圏域の対面会議は中止となります。今後の予定は書面やホームページなどでご確認ください。

圏域 7月

8月

9月 10月
東部第一
東1 KIND
2日(金曜日)
13時30分~
中央公民館
中止 3日(金曜日)
13時30分~
中央公民館
1日(金曜日)
13時30分~
中央公民館
東部第二
東二よつばの会
中止 中止 未定 28日(木曜日)
10時~
畑中公民館
西部 9日(金曜日)
9時30分~
市役所会議室
中止 10日(金曜日)
9時30分~
市役所会議室
8日(金曜日)
9時30分~
市役所会議室
南部

16日(金曜日)
14時~
堀ノ内集会所

中止

17日(金曜日)
14時~
堀ノ内集会所

15日(金曜日)
14時~
堀ノ内集会所

北部第一 7日(水曜日)
10時~
東ふれあいの家
中止 1日(水曜日)
10時~
東ふれあいの家
6日(水曜日)
10時~
東ふれあいの家
北部第二 16日(金曜日)
13時30分~
北野ふれあいの家

中止

17日(金曜日)
13時30分~
北野ふれあいの家

15日(金曜日)
13時30分~
北野ふれあいの家

協議体開催にあたっては、コロナ感染防止対策を徹底!

   協議体を開催するにあたり、会場として公共施設を借用する関係で、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底し、参加者には、下記の「コロナ感染防止対策」の協力をお願いしています。

コロナ感染防止対策のお願い
1. 当面の間は、協議体の開催時間を1時間程度に短縮して開催します。
2. 発熱、咳、喉の痛み、息苦しさ、強い倦怠感など、体調不良の場合は、ご参加をご遠慮ください。
3. 施設に入館する際、必ずアルコール消毒または手洗いを行ってください。
4. 会議室入口で非接触型体温計による検温を実施します。検温の結果、37.5度以上(または平熱より1度以上)の発熱がある場合は、ご参加をお断りする場合があります。
5.ソーシャルディスタンスを十分に確保することを最優先し、施設や参加人数によっては、机を使用せず、椅子だけのレイアウトをとる場合もあります。
6. 会議室の机・椅子は、使用前と使用後にアルコール消毒を行います。
7. 施設内・会議中は、マスクの着用をお願いします。マスクは、各自でご用意ください。
8. 会議室は、30分に1回、5分程度の換気を行います。
9. 会議中は、こまめに水分を補給しましょう。飲み物は、各自でご用意ください。
10. 万一参加者の中から感染者が出た場合、保健所などの公的機関に参加者の氏名・連絡先などの個人情報を提供することがあることを予めご承諾ください。

コロナ対策

市全域を対象とする第1層協議体

第1層協議体の取り組み

(1)第2層の協議体の取り組みの情報を共有し、第2層の協議体で解決が困難な課題を解決するための協議をする
(2)市全域に係る社会資源との連携及び協議をする
(3)行政課題または行政との連携による解決しか望めない事を行政へ発信する
(4)担い手の発掘・養成、補助金の制度など市全域にまたがる事を協議する
(5)支え合いの仕組みづくりへの理解、協力を広げるための啓発活動をする

第1層協議体は、以下の組織から選ばれた方で構成しています。

(1)第2層協議体(各圏域ごと)
(2)社会福祉協議会
(3)地域包括支援センター
(4)社会福祉法人
(5)介護及び福祉施設
(6)町内会連合会
(7)民生委員・児童委員協議会
(8)老人クラブ連合会

第1層協議体の開催日程

構成員は固定されていますが、傍聴はできます。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、状況に応じて延期、書面、オンライン会議等になる場合があります。

第1回 第2回 第3回 第4回
5月
書面会議
8月開催予定 11月開催予定 2月開催予定

第1層協議体の活動詳細につきましては、こちらをご参照ください→第1層協議体

213(ニイザ)ささえあい隊News

   213(ニイザ)ささえあい隊Newsは、月1回生活支援コーディネーターが作成し、発行しています。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第34号:令和3年8月) (別ウィンドウ・PDFファイル・690KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第33号:令和3年7月) (別ウィンドウ・PDFファイル・506KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第32号:令和3年6月) (別ウィンドウ・PDFファイル・766KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第31号:令和3年5月) (別ウィンドウ・PDFファイル・414KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第30号:令和3年4月) (別ウィンドウ・PDFファイル・719KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第29号:令和3年3月) (別ウィンドウ・PDFファイル・735KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第28号:令和3年2月) (別ウィンドウ・PDFファイル・641KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第27号:令和3年1月) (別ウィンドウ・PDFファイル・327KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第26号:令和2年12月) (別ウィンドウ・PDFファイル・335KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第25号:令和2年11月) (別ウィンドウ・PDFファイル・347KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第24号:令和2年10月) (別ウィンドウ・PDFファイル・349KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第23号:令和2年9月) (別ウィンドウ・PDFファイル・383KB)

・213(ニイザ)ささえあい隊News(第22号:令和2年8月) (別ウィンドウ・PDFファイル・399KB)

 

バックナンバー

   第13号(令和元年11月発行)以前の「213ささえあい隊News」をご覧になりたい方は、バックナンバーコーナーをご利用ください。

   バックナンバーコーナー

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)