ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療 > 保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付 > コルセットや弾性着衣をつくったときの給付

コルセットや弾性着衣をつくったときの給付

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日更新

 コルセットや弾性着衣を作ったときは、かかった費用について国保連合会が審査し、決定した額を自己負担の割合の区分により被保険者が負担し、残りを国保が支給します。

給付の種類

療養費

申請に必要なもの

  • 新座市国民健康保険被保険者証
  • 費用が明細な領収書(※郵送申請の場合は、後日原本を返送します。)
  • 補装具を必要とした医師の証明書
    (弾性着衣については、(1)リンパ節郭清術を伴う悪性腫瘍の術後に発生する四肢のリンパ浮腫又は原発性の四肢のリンパ浮腫であることが確認できる医師の装着指示書もしくは(2)慢性静脈不全による難治性潰瘍治療のための医師の装着指示書)
  • 靴型装具については、当該装具の写真
  • 預金通帳
    (世帯主名義ではない口座への振込みを希望する場合は、申請書に世帯主の署名及び押印が必要です。)

支給申請書

注意事項

  • 費用を支払った日の翌日から2年を経過すると時効となり支給されませんのでご注意ください。
  • 医療処置が適切であったかなどの審査がありますので、申請から支給まで約3か月かかります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)