ページの先頭です。

葬祭費

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年10月18日更新

 国民健康保険加入者が亡くなったときは、50,000円の給付を受けることができます。

  ※ 通夜、告別式を行わず、火葬のみを行った場合でも、葬祭費は支給されます。

給付対象者

  • 葬祭執行人(喪主)

申請に必要なもの

  • 預金通帳
    (葬祭執行人(喪主)名義ではない口座への振込みを希望する場合は、申請書に葬祭執行人(喪主)の署名及び押印が必要です。)

  ※ 葬祭執行人(喪主)が同世帯の親族ではない場合、葬祭執行人(喪主)の氏名が記載してある葬儀の領収書が必要となることがあります。

注意事項

   葬儀を行った日の翌日から2年を経過すると時効となり支給されませんのでご注意ください。

給付の申請について

   葬祭費の給付申請は、市役所の国民健康保険の窓口での受付となります。

    現在郵送での申請を受け付けています。詳細は国保年金課までお問合せください。

   ・ 申請書ダウンロードはこちら

     国民健康保険葬祭費支給申請書 (別ウィンドウ・PDFファイル・139KB)

     国民健康保険葬祭費支給申請書(記入例) (別ウィンドウ・PDFファイル・224KB)

   ※ 令和4年10月11日から、振込口座に公金受取口座を利用できるようになりました。
     令和4年12月までは試行運用期間となっています。
     公金受取口座の利用を御希望の方は、申請時に申し出いただくか、申請書の余白に「公金受取口座利用希望」と記入して提出してください。
     なお、試行運用期間中は公金受取口座を利用する場合も申請書への振込口座の記入が必要となりますので御了承ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)