ページの先頭です。

歴史民俗資料館の愛称が決定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年4月1日更新

愛称の由来

愛称

  れきしてらす

考案者

  保岡 直樹さん (東京都在住)

  内河 裕信さん (神奈川県在住)

由来

  • 「歴史」「照らす」「テラス」を組み合わせた愛称です。歴史に光をあてる施設、新座市の未来を照らす豊かな歴史、テラス のように心くつろぐ憩いの場、という意味を込めました。
    やさしさ、親しみやすさが感じられる、ひらがな表記にしています。
  • 新座市の歴史、民俗、考古の魅力を明るく照らす資料館を思い浮かべ、名付けました。

その他

 歴史民俗資料館の愛称は、令和3年度に公募を行い、審査を経て決定いたしました。全国から多数のご応募をいただき、ありがとうございました。