ページの先頭です。

沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年4月1日更新
  • 昭和 53(1978)年11月1日:郷土資料館 開館
    市制施行8周年を記念する事業の一環として、旧片山公民館(現存せず)を改装して開館しました。

郷土資料館

  • 昭和56(1981)年11月1日:新座市立歴史民俗資料館 開館
    郷土資料館の機能を拡充し、歴史民俗資料館を片山一丁目21番25号に開館しました。
    市町村による資料館の設置は、埼玉県内では2番目の早さでした。

歴史民俗資料館開館のテープカット  歴史民俗資料館の展示

  • 平成3(1991)年:歴史民俗資料館の開館10周年
     
  • 平成13(2001)年:歴史民俗資料館の開館20周年
     
  • 平成23(2011)年:歴史民俗資料館の開館30周年
    老朽化した外壁の塗装及び修繕工事等を行うため、2月を臨時休館としました。
     
  • 令和3(2021)年:歴史民俗資料館の開館40周年
    新施設への移転に向けた資料整理を行うため、4月1日から歴史民俗資料館を休館しました。
     
  • 令和5(2023)年4月1日:新座市立歴史民俗資料館(愛称:れきしてらす) 開館
    歴史民俗資料館は保健センターとの複合施設として、野火止二丁目9番37号に開館しました。
    これに伴い、片山一丁目の旧・歴史民俗資料館は閉館しました。

現在に至る