ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 福祉・介護 > 高齢者 > 事業者向け介護保険情報はこちらから > (新型コロナウイルス)要介護認定の臨時的な取扱いの要件の見直しについて

本文

(新型コロナウイルス)要介護認定の臨時的な取扱いの要件の見直しについて

ページID:0132908 更新日:2023年9月29日更新 印刷ページ表示

(新型コロナウイルス)要介護認定の臨時的な取扱いの要件の見直しについて

 本市被保険者の要介護認定の更新につきましては、認定申請の集中的な増加に伴い、判定までに多く
の日数を要していることや新型コロナウイルス感染症の感染状況が増加傾向にあることなどの状況を踏
まえ、臨時的な取扱いの要件を見直すこととし、令和5年11月末期限の更新申請者から以下のとおり
といたします。

1.更新前の要介護度が要支援1、2の方は、臨時的な取扱いを可とする。
2.更新前の要介護度が要介護1~5の方で、前回の申請時に臨時的な取扱いを適用していない方
 は、臨時的な取扱いを可
とする。
  前回の申請時に臨時的な取扱いを適用している方は、原則として認定調査を実施する。ただし、
 介護保険施設や病院等の方針として長期間認定調査の受け入れが困難な場合、又は在宅でも疾病
 等により感染リスクが高く、面会困難等の特別な事情が認められる場合は、臨時的な取扱いを可
 とする。
3.転入継続者は、認定調査を実施する。

 臨時的な取扱いを希望する場合は、介護保険要介護(更新)認定・要支援(更新)認定申請書兼変更
申請書の余白に、「延長希望」と記載し、提出してください。特別な事情により希望する場合は、併せ
てその理由を記載してください。
 なお、令和5年11月末以前に有効期間満了日を迎える方で、上記に該当する方は、既に更新申請中
であっても、認定調査が未実施の場合に限り、臨時的な取扱いに変更することも可としますので、希望
される場合は、下記問合せ先までご連絡ください。
 臨時的な取扱いを適用できる方は、状態に変化がないと判断された方であることが原則です。前回申
請時に骨折等で入院しており、その後に治癒した場合などは、状態が変わっている可能性が高いと見込
まれますので、ケアマネジャーが状態について判断する際は特に御注意ください。
 この取扱いに関しては令和6年3月末期限の対象者までとし、それ以降は臨時的な取扱いを終了します。